fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ18
新年も明け! 新作のノベルを発売した!
というタイミングで! まさかの! 
スカイリム妄想ノベルですよ!
ん...新作のプロット練ったり.
夏の新刊の体裁整えたりしていると
なんか..色々と面倒になってくるのです!
そんな時に! 誰にも気を使わず!
フリーライティングで文章をまき散らす事の心地良さ!
 
くどいようですが...フリーライティングです
他人が読む事を考慮してない文章です
「こんな文章で電子書籍とかマジ受ける」
なんて思わないでくださいよ!
電子書籍の方は..紅子なりに..
きちんと文章を作ってますし..物語も考えています!
そう! そういう比較の意味を込めて!
1度読んで頂けると嬉しいです!
はい! ランディングページはこちら!

大人ラノベ研究製作所
 
ん! んん! 実に自然なステマ! 愛すべきステマ!
完璧なステマですよ! 素晴らしい!

さて..コピペ的前振りです!
『スカイリム』..
正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーでは..
ゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです
 
また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
また..文章はフリーライティングしてますので
表現重複とか誤字脱字とかは許して下さい
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
直ぐに消します..
もうね! デューク・東郷さんに依頼します!
確実に消しに行く感ですよ! マジでね!
 


【スカイリム妄想リプレイ 第18回:決戦! 吸血鬼の砦】


 ファルクリースの前領主..デンジェールから..
 吸血鬼ヴィグハールの退治依頼を受けた私達は...
 ヴィグハールが住処として使っているらしい
「ブラッドレットの玉座」に向かったの
 
「ブラッドレットの玉座」は....
 森の奥に作られた旧世代の砦..
 人から忘れられた拠点というべき場所だったわ

2021121905
 
(サージュ..相手は吸血鬼..私と同じで不死身なのよね)
(いつも言っておるが..ワシ様らは不死身ではないぞ
 凄まじい回復力のお陰で..大抵の傷を瞬時に治し..
 また老化よりも早く身体が回復しておるだけじゃ)
(でもざっくりいうと..不老不死でしょ)

(..もう..それでいい..で..なんじゃ?)
(どうやって倒せばいいの?)
(ほう..カテリナにしては..いい質問じゃな)
(私だって..色々と考えているのよ)
(まあ..なんとかなるじゃろ..
 ならん時は..一端戻って考えるとしよう)
(そんなの! 全然いい加減じゃない!)
(説明するよりは..やってみる方が早いということじゃ)

 砦の周囲には人影がない..そっと中に入る
 外で見るよりは..かなり広い感じだったわ
 苔むした通路を進むと..地下に伸びている階段に辿り着いた
 
 足音を殺しながら..下りていくと..

(カテリナ! いるぞ!)

 女性がひとりと..山賊のような風貌の男が...
 
2021121906
 
(女性? ヴィグハールって女性だったの? 
 それとも...あの山賊っぽいのがヴィグハール?)
(警護の者じゃな..女は吸血鬼..
 ワシ様らと変わらぬ下級吸血鬼じゃな..まだ若いの
 男は人間じゃ..おそらくあの女に使われる下僕じゃな)
(下僕?)
(吸血鬼は己の血を摂取させる事で..
 人間を支配する事ができる..弱い相手だけじゃがの)
(私達もできる?)
(できん..ワシ様の血は他者支配の力はない
 特化型じゃからな)
(特化型?)
(まあ..その話はあとじゃ..
 気付かれると厄介じゃ..クロスボウを使え)

 背負っていたクロスボウを取り出し..
 テコを使って..弦を引き上げる

 私の筋力に合わせて強化した弦は...
 大男でも扱えないレベルになってるわ

(カテリナ..後ろの吸血鬼を狙うのじゃ..外すなよ)
(大丈夫..風もないし..外さない!)

 引き金を絞る!
 小さな発射音を残して..一直線に矢が飛ぶ!
 命中よ! 女の胸元に突き刺さったわ!
 凄まじい威力に..屈強な吸血鬼でも後ろに吹っ飛んだ!
 男が武器を抜き..周囲を警戒しながら..駆け寄る

 でも...

 胸元の矢を乱暴に引き抜きながら...女が身体を起こす
 やはり不死身の吸血鬼..クロスボウの威力でも...
 
 あ!

 女が膝から崩れた! 
 傷口を押さえながら..床の上で身をよじる
 苦痛に歪む顔..胸元を掻きむしる手...
 不規則にバタバタと動かく両足..
 でも..数秒間で動かなくなった  

 同時に男にも変化があった
 全身が青白い炎に包まれたかと思うと..
 あっという間に燃え尽きてしまう
 残ったのは灰だけ...

(ふん..下僕は主人が死ぬと灰になる
 一応は人を超える身体能力を持つが..
 所詮はできそこないの吸血鬼まがいじゃ)

(サージュ..どういうこと? 不死身の吸血鬼が..)
(吸血鬼を殺す手段はいくらかあるが
 ワシ様の中に流れる竜の血は..吸血鬼の回復作用を抑制する
 つまり..傷の回復を遅くするのじゃ)

(回復より早く死ぬってことなのね)
(まあ..強力な吸血鬼には..
 それでも多くの傷を与えねばならぬがな..
 一応はどんな吸血鬼であれ殺すことができる)

(すごい! すごいけど..でも血って..)
(血の力は直接与えなくともよい...
 近くにいれば影響するということじゃ...)
(芳香剤みたいなもの?)
(..全然違うが...はぁ..もう..そんな感覚で構わん)
(何よ..その言い方!)

(ん..待てよ..竜の血..力ある言葉と竜の血..)
(サージュ..どうしたの?)
(カテリナ..お前はノルド人か?)
(何言ってるの? 知ってるでしょ..私はインペリアル人よ)
(そうか...では違うの)
(なんなのよ..いったい)
(いやな..ノルド人には竜の血を引く..ドラゴンボーン
 という連中が存在する..らしい)
(あぁ..知ってるわ..おとぎ話とかでしょ
 伝説の勇者はドラゴンボーンみたいな)
(ん..実在するらしいがな..
 まあ..ノルド人でなければ関係ないの..すまんかったな)

 おとぎ話の話をしている暇はないのよね
 今は吸血鬼を退治しないと

 倒した下級吸血鬼の横を通り抜けて..奥に進む
 起き上がってくるかも..とビクビクしたわ
 
 地下は広く..地下の街と言えるくらいだったわ
 どうやら広大な洞窟を利用しているみたい
 人造というよりは..自然の色合いが強くなってくる

 そして...

(見て..サージュ...)
(むう..ここまで規模だったとはの
 何やら良くない準備をしておるようじゃ)
 
2021121907
 
 下級吸血鬼が数名に..その下僕であろう男達...
 かなりの数が集まっていたわ

 私は冷静にクロスボウで一体ずつ倒していく

 クロスボウ..流石は帝国の秘密兵器だわ
 威力も大したものだけど...
 音も小さいし..連射性は劣るけど...
 射撃したら直ぐに物陰に隠れて..次弾装填ができる
 
 おそらく吸血鬼達は何をされたかも解らないと思う
 ただ私は..確実にひとりずつ..葬っていくだけ..
  
2021121908
 
(こいつらは吸血鬼になって間がない連中...
 しかも..警戒すらしておらんからの..)
(でも..一方的過ぎて..罪悪感が...)
(阿呆! 見つかれば! 一斉に襲いかかってくるのじゃぞ!
 ワシ様らは..見つからない事が戦いなのじゃ!)
(解ってるわよ! それくらい!)

 ようやく最深部近くまで来た
 吸血鬼達の姿がなくなって...

(む..カテリナ...微かだが..血の匂いがする..
 その通路の右側からじゃ..気を付けよ)
(解った)

 より慎重に歩を進める
 右手の通路奥は開かれた空間になっていたわ..
 そこに転がっているのは..三体の死体
 
2021121909
 
(吸血鬼?)
(違うな..あれは人間じゃ..まだ血が渇いておらぬ
 殺されたのは数分前というところか..
 おそらく..ワシ様らと同じ目的で来た連中じゃな)
(え? どういうこと?)
(シドゲイルじゃ..ワシ様らの突入に合わせて..もう一手..
 手練れを三人雇ったのじゃろう..見よ)

 空間の奥..壁が崩れている..隠し通路があったみたい

(阿呆丸出しで..正面から突入するワシ様らに
 敵が集中したところで..ヴィグハールを狙う手筈じゃったようじゃ)
(私達をいいように使ったってこと?)
(どうかの? ワシ様らはシドゲイルではなく..
 デンジェールに雇われただけじゃからの..偶然といえば偶然じゃ)
(ホントに! あいつは! いちいちイラッとさせるわね!)

(じゃが..失敗したようじゃな..
 少し上じゃ..満足そうに見下ろしておるぞ!)

 サージュのいうとおり...
 数分前に殺戮をしたと思われる男と..その横にひとり!
 
2021121910
 
 鈍い金色に輝く瞳..吸血鬼なの?

(吸血鬼は力を増すと..異形の様相を持つようになる
 金色の目は..吸血鬼として完成されているという事じゃ)
(完成された吸血鬼?)
(ワシ様らの目は..普通の人間と大差ないであろ..つまり)
(強敵ってことね! でも!)

 幸いにして..相手に気付かれてる様子はない
 私はクロスボウを構える! 必殺の一撃よ!
 
 初撃は男の胸元に!
 男が仰け反るように倒れる!

 異変に気づき..立ち上がった女に..急いで二射目を放つ!

「ぎぁぁぁ!」
 
 矢が刺さった腹部を抱えるような姿勢で...女が蹲る
 直ぐに青白い炎があがり..全身を燃やし尽くした

「やった!」

 奇襲と不意打ちで..強敵を...

「飛び道具とは無粋な..まったく..人間というのは
 ほとほと趣のない連中だ」
 
 男が..ヴィグハールが身体を起こした
 手には..クロスボウの矢..
 まさか!

「人間にしては大層な武器のようだが...
 私ほどの吸血鬼にとっては..止まっているのと変わらん」

 掴んだというの! あの高速で飛ぶ矢を!

(カテリナ! 来るぞ!)

 ヴィグハールの姿が目の前にあった
 あの高さから飛び下り..
 通路の影に潜んでいた私の前まで...
 一瞬で距離をつめてきていた!

 まるで瞬間移動したくらいの速さ!

 距離がなくなった今..もうクロスボウは使えない
 咄嗟に捨てて..剣を...

 凄まじい衝撃を腹に受けて...
 私は軽々と吹っ飛ばされていた
 通路を飛び越えて..数メートルを
 前の部屋に背中から叩き付けられる

「やれやれ..退屈しのぎにもならなかったか」

 つぶやきながら..ヴィグハールが踵を返す

(カテリナ!)
(ちょっと油断しただけよ! 血の力を使うわ!)


 意識を集中する
 身体の芯を燃やすイメージ!
 身体が! 熱くなる!
 全身から痛みが抜けた! いける!

 私は立ち上がって..剣を抜く
 両手剣の重さが心地良い

「まだ生きている? ほう..お前..人間ではないのか?」

 ヴィグハールが振り返った
 もとより奇襲できるとは思ってなかったけど

「ほう...吸血鬼か? 僅かだが同族の力を感じる
 ふ..そうか...下級吸血鬼か..
 どこで吸血鬼になったのかは知らぬが..何しに来た? 
 この私の下僕にでもなりにきたのか?」

「吸血鬼! あなたを退治しにきたのよ!」
「これは驚いた..血の力に溺れて..
 自分を見失ったか? それともヒーローにでもなったつもりか?」
「エリート気取りの悪党をお仕置きにきただけよ」
「ほう..」

 ヴィグハールが動いた..一瞬にして眼前に!
 突き出してくる拳が..その軌道が..どうにか見える!

 咄嗟に剣で流しながら..でも..その勢いは殺し切れず
 よろよろと下がってしまう
 でも! さっきと違う! なんとか凌げた!

(カテリナ! 後ろじゃ!)

 サージュの警告に咄嗟に跳んだ
 地面を転がる

 私のいたところに..ヴィグハールが立っていたわ
 足元..石畳に亀裂が走っている

 瞬間的に背後に回って..蹴り下ろしてきたみたいね

 圧倒的速度に加えて..その攻撃は恐るべき威力
 少しでも気を抜いたら致命傷になる

(おかしい..追撃してこない
 警戒している? それとも..来た!)

 瞬間的に距離を詰めると..左右の拳を打ち込んできた

 右の拳を剣の柄で払い...左を身体をよじって避ける
  
 次に繰り出されたローキックを..後ろステップでかわした
 でも!

 更なる一撃は凌げなかった
 踏み込んで打ち込まれた前蹴りを受けて..
 後方に跳ね飛ばされた..また床に叩き付けられる

(う..痛たた..防具がないと終わってたかも)
 
 ギリギリ..腕で防御できたのと
 エイドリアンのアーマーが辛うじて致命傷を防いでくれた

 ヴィグハールがこちらを見てる
 チャンスだというのに..追撃がない
 余裕って事かしら? ムカつくわね!

(ふ..ふふ..)
(サージュ? どうしたの?)
(ワシ様らは..シドゲイルに感謝せねばならんの)
(どういうこと?)
(放った三人の刺客はかなりの手練れだったという事じゃ
 ヴィグハールは追撃しないのではない..できぬのじゃ
 あやつは今..血が不足しておる! 血の力を使いすぎたのじゃ!
 お前には聞こえないであろうが..呼んでおる
 血を補充するために! 己の下僕達を!)

 それが本当ならチャンス!

「ヴィグハール! もう! これまでよ!
 ここの吸血鬼達は全部倒してきたわ! 残ってるのはあんたひとりよ!」

 ヴィグハールが顔を歪める
 今までの余裕溢れる態度ではない..憎々しげな表情!
 サージュの予想は的中ってことね!

「観念なさい! 私が一撃で! うう..」

 立ち上がろうとしたところで..膝から力が抜けた
 弱々しく片膝をつく..両手剣の重さに耐えきれず
 先端が床に触れる

「ふふ..一撃で..一撃で..どうしたのかな?
 所詮は下級吸血鬼..この私に勝てるはずがない!
 女性に暴力を振るうのは趣味ではないが..
 まずはその生意気な両腕を引きちぎってやろう!」

 両目を金色に輝かせると..真っ正面から駆け迫ってくる!
 今までよりも速い..圧倒的な速度の乗った一撃だった!

 私を侮って..突進してくるヴィグハール!
 私は全身に力を漲らせる! 
 立ち上がりながら.剣を横薙ぎに振り抜く!

「伏龍の型・次太刀・尾(カバネ)!」
 
 2021121911
 
 必殺の一撃がヴィグハールの胸を払った
 両腕が砕けるかという反動が..私の肩口まで突き抜ける
 
 肋骨を砕き..内臓を潰す一撃!
 ヴィグハールは大きく宙に跳ねて..地面に転がる
 
 小さく呻いて..少し手足を動かしただけ..
 それだけで絶命した

 何が起こったのかも解らない..ただ呆然とした顔だった
 
 2021121912
 
(はぁはぁ..やった..やったわ)
(見事じゃ! 油断を誘うとはやるではないか!)
(アムレン先生のお陰ね..「伏龍の型」の姿勢は...
 相手から見ると..弱ってるように感じるもの)
(特に己の力に酔っている吸血鬼にはの!)
(でも! 私達凄いわね! 上級の吸血鬼だって!
 こんな簡単に!)
(いや..こいつは下級吸血鬼じゃ..
 ただワシ様らより長く生きていただけの..)

(え..でも..嘘でしょ..こんなに部下がいて..
 こんなに強くて..)
(これが現実じゃ..相手を舐めきって..
 武器すら持たず..魔法も使わず..
 しかも血が不足して..弱り切っている下級吸血鬼を
 騙し討ちでどうにか倒せる..それがワシ様らじゃ)
(..私達って..全然弱いってこと..なのね)
(ふん..ワシ様らが倒さねばならぬ相手は..
 絶望的に強いということじゃ..だが..
 数ヶ月前は山賊すら倒せなかったのじゃ...
 大した進歩ではないか!)
(そうね! まだまだ頑張らないとね!)

 
 2021121913
 
「をを! よくやってくれた!」

 ヴィグハールを無事倒した事を告げると
 デンジェールは感謝して報酬を払ってくれたわ
 まあ..満足できる金額ではなかったけど
 今は領主様じゃないからね
 ご飯数食分のお金でも感謝しないと
 それに...

「ワシが領主に返り咲いた暁には!
 お前を親衛隊長に取り立ててやる!」

 なんて言ってくれたわ

(ふん..迷惑な話じゃながな)
(まあ..そうだけど...
 好意ってのは..素直に受け取っておくものよ)

 とらえず..ひと晩宿屋で休んで...
 装備の修理にホワイトランに向かったんだけど...
 街に入るやいなや..ひとりの男が駆け寄ってきたの

「銀と血の守護者・イェカテリーナさんですね
 マルカルスの領主..
 イグマンド様から親書を届けるように言われました」

 受け取る私の嫌そうな顔を..気にする様子もなく

「フォースウォーンの残党が動き出したようです
 急ぎ..マルカルスに向かって頂けますか?」


 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます




スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント

次は、鳳雛の型ですね!
[2022/01/09 20:07] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

スカイリム
そろそろやりたいな。
リハビリも兼ねてv-408
[2022/01/09 22:14] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 をを! 三国志だと有名なふたりですよね!
 伏竜と鳳雛! 功績が心地良いくらいモリモリ!
 実際のところ..アクション種類がないのです
 次はなんちゃらの呼吸とかを狙いましょうか
 
>瑠璃月さん
 スカイリムは面白いゲームではありますが..
 MOD導入をできるかどうか..にありますね
 スカイリムは..古いので手が掛かります
 何も入れないと..寂しいゲームになりますし
 
[2022/01/10 00:40] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3371-4d0164c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY