fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


聞いてはいけない言葉...
今日から紅子は年末年始のお休みですよ!
ということで! 
早朝から起きたかったのですが..
あまりの寒さに心が粉々に砕けてしまって..
7時半まで..
「パワーだ..パワーを溜めるのだ」を繰り返しました

さて...
起きてからは親様の様子を確認して..
年賀状をもねもね作りました
あとは年末年始の買い出しにいきましたよ!
このあと..電子書籍の仕上げをしようと思います
 
それはそうと...
年末年始ということで! 季節的に考えても!
ここは! 「ホントにあった怖い話」的なのを
やっておこうと思います
これは紅子の実体験なので..
綺麗に辻褄があわず..もやっとした感じで終わります
っていうか! ホントの怖い話っていうのは..
綺麗にオチがついたりしないものなんです

そんなこんなで...
人間は視覚をメインにして行動している生物です
聴覚や嗅覚も大切な感覚ですが...
他の生物に比べると..ちょっと頼りないです
ですが..その弱い感覚だからこそ...
不思議な事を捕らえたりするのです

そんなわけで...
紅子が社会人だった頃の話です
季節は年末..今くらいの時期です
紅子達は相変わらず悪友達と集まって遊んでいました
基本的に紅子達は..昼前に集まって..
夜明け前に解散という遊び方をしていたのです
 
それはともかく...
あれこれ遊んで..夜遅く21時頃になったくらいです
悪友のひとりである..Jが突如こんな事を言いました
J:「お腹が空いた...うろんが食べたい!」
紅:「ん? うどんが食べたいの?」
J:「食べたくねえよ! 麺類じゃねえかよ! 米だ!
   米を食わせろ!」
紅:「まあ..昼もうどん食べてましたしね
   では..コンビニに先遣隊を出して」
J:「このバカ野郎!」(びし!)
紅:「打ったね! おじやにだって打たれたことないのに!
   っていうか! なんだよ!」
J:「コンビニは飽きたよ! 昨日も今日も...」
紅:「コンビニだったの?」
J:「いんや..定食だったけど..
   コンビニって響きに日本中が飽きてる!」
紅:「日本中のコンビニさんに謝れ!
   じゃあ..どうする?」
J:「お弁当屋さんのチラシを見付けた!
   この近所なんだよね」
家の持ち主であるMに確認すると
M:「なんか出来たのは知ってるけど..」
J:「宅配してくれるらしいし電話してみようよぉ」

それはさておき...
紅:「で..紅子が電話する流れなんですか?」
J:「ここは紅子様御自ら動く事で誠意を見せるのです!」
M:「メニューの細かいのがどこかにあったから探しておくから」
紅:「まあ..電話くらいいいですけど」
店:「あぁい..XX弁当っす」
うはぁ..気だるそうな女の子が出てきた
紅:「チラシ見て宅配できるって書いてあったんですけど」
店:「今ムリっす..人居ないんで..無人になるから」
紅:「食事時のみとかですか?」
店:「どっかなぁ..ウチバイトいねぇから..
   いつもムリじゃね? って感じ」
紅:「だってさ..どうする?」
M:「注文して取りに行く?」
紅:「じゃあ..注文して取りに行けます?」
店:「注文? どうすっかな..出来たら来てからにして
   なんかさ..注文して取りに来ないのがいるんよ」
J:「解った! ここは私がいこう!
   っていうか..温かいお弁当が食べたい!」
紅:「じゃあ..今から行きます」
店:「はい..どうもっす..シャッター開けとく」
紅:「ん?」

そんなこともあって...
J:「よし! じゃあ誰が行くかジャンケンだ!」
確か..当日は6人集まってたのです
J:「負けたふたりが行くで問題あるまい!」
紅:「お前行くんだろっが!」
J:「寝ぼけんな! 寒いわ!」
M:「はいはい..もうさっさとジャンケンするよ」
で..紅子とJが負けるわけですよ
紅:「すげぇ理不尽な展開なんですけど」
J:「よっしゃぁ! ここはワシの出番のようだな!」
ばっとコートを脱ぎ捨てて..外に駆けていく阿呆
紅子は残る4人からオーダーを聞いて...あとを追いました
少し進むと..道の隅で震えている阿呆を発見
J:「うう..寒い..死ぬる」
紅:「そう思ってコートは持ってこなかった..そのまま死ね」
J:「うう..寒い..抱きつかせて」
紅:「うわ..キモいからやめれ..」
J:「うう..チャーシューの匂いがする」
紅:「するか!」
J:「じゃあ..豚の角煮の匂いが..」
紅:「豚言うな! もう! 殺す!」

それはそれとして...
ふたりで追いかけっこしながら..弁当屋さんに到着
ちゃんと半分だけシャッターが開いてます
営業時間を見ると..23時っぽいんですけど
中に入ると店員は..若い女の子がひとり...
ちょっと頭の容量が少なそうな子です
店:「うを..マジで来た..っていうかなんで薄着?」
J:「今日ハワイから帰ったところなんすよ」
店:「この人...変な人なん?」
紅:「うん..とりあえず注文していい?」
頼まれていた分を伝えて..あとは紅子ですけど...
紅:「どうしようかな..オススメとかある?」
店:「ん...ぶっちゃけ..値段の割に..まあまあそこそこ」
紅:「じゃあ..野菜炒め弁当にしようかな」
店:「あいよ..そっちの人は?」
J:「野菜炒めも捨てがたいけど..
   豪華に焼き肉弁当も捨てがたいと迷ってる」
紅:「豪華って50円しか変わらないけどね」
J:「阿呆! 50円あったら色々買えるわ!」
店:「今日日何も買えんし」
J:「ところで野菜炒めと焼き肉弁当ってどう違うの?」
全然違うだろっが! と突っ込もうとしたところでしたが
店:「焼き肉弁当は付け合わせがエビフライで
   野菜炒めはポテトコロッケなの..そんだけの違い」
紅:「ん?」
店:「え?」
...聞こえないはずの言葉が聞こえる
ちょっと怖い冬の怪談話でした
 
スポンサーサイト




テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント

肉が入っていない!
[2021/12/28 19:57] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

弁当
最近食べてないですね。
コロナ前はファミマでよく買ってたんですけどv-388
[2021/12/28 22:36] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3361-231ec5c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY