fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ17
金曜に記念ポーリィとかイベントがありました
色々とネタを仕入れたので..
来週の日記に記そうと思います!
いやいや! 日を記すと書いて! 日記!
関節を極めると書いて! 極道! ですからね!

土曜は..掃除をして..
『Fallout4』のMODを18本入れました!
ここしばらく掛かり切りになっている
パワーアーマーのオーバーホールMODですが...
他のパワーアーマーも対応しているんですが!
インストール時に指定しないといけないのです!
なので対象となっているパワーアーマーのMODを
あれこれ見ながら17本と..前提MOD1本を入れました!
..今のNAVIパワーアーマーから変えてないのですけど
いつか! いつか使うかもだし! だし!
 
では! 本題! まずはコピペから!
『スカイリム』..
正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーでは..
ゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです
 
また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
また..文章はフリーライティングしてますので
表現重複とか誤字脱字とかは許して下さい
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
直ぐに消します..もうね! 独裁スイッチくらいね!
簡単にね! ぽちっとね! ですよ! 

では...本編は追記の方に...
 

【スカイリム妄想リプレイ 第17回:解き放たれた悪夢】
 
 フォースウォーンの本拠地で...
 首魁たるハグレイブンを打ち倒し..
 マルカルスの危機を結果的に救った私達...
 
 マルカルスに戻ると領主のイグマンドに
 お礼と共に金貨1000枚をもらったの!

 重臣達の前で..「私の密命により」って
 聞いた事もない密命が出ていた事になってたけど
 それを飲み込んでの報酬みたいだったわ

 ホントにこの国..大丈夫かしら?

(サージュ..ここも一段落したし..
 そろそろホワイトランに戻ろうと思うんだけど)
(そうじゃな...そもそもこのマルカルスに来たのは..)
(えっと..なんて名前だったかしら..)
(確か...サムじゃ! サム・グエヴェン!
 あやつの杖で..飛ばされたのが原因じゃった)
(戻ったら..文句のひとつも言ってやらないと!)

 そんな話を宿でしていると..主人さんが..
「イェカテリーナさん..手紙が届いてるよ」

 思わず身構えてしまったわ
 だって..またファルクリースのシドゲイルからかと

「ハーフムーン工場のハートって人らしい」

(あ! あぁ! そうだったわ!
 シドゲイルからもらった土地に建てる家の
 基礎工事をお願いしてた人よ!)

2021092602
 
(なになに? 基礎工事が終わったらしいぞ!)
(早く見てみたいわね! あ..)
(どうしたのじゃ?)
(もう一枚..便せんが入ってるわ)
(...予想がつくの..シドゲイルからじゃろ?)
(正解..マルカルスの件が片付いて
 戻ったら顔を見せろってさ)
(クロスボウの件もあるし..仕方あるまい
 今日明日で支度して明後日くらいに引き上げるか)

 宿屋の主人に予定を告げると..
 翌日にイグマンドから送別パーティの誘いがあったの
 シルバーブラッド家が主催ということで...
 ソナーさんも出席してたわ
 まあなんでもダダ漏れって事ね..解ってたけど

 マルカルスからファルクリースまで..
 特別便の馬車を出して貰えたわ 
 貸し切りなのはありがたい
 ゆっくり景色も見れるし
 
(サージュ..称号なんて意味あるかしら?
 今日から「山賊狩り」ではなく「銀と血の守護者」って
 言われてもね)
(領主直々の通り名に喜ぶ阿呆もいるんじゃろ
 まあ渡す方からすれば安上がりじゃからな)

 ようやくファルクリースについたら
 その足で自分の土地に...
 
2021121901

(サージュ! 見て! 基礎工事が終わってる!
 これで物が建てられるわよ!)
(まだまだ先は長いが..
 やはり自分の住処はステータスじゃからな)

 すぐさま..ハーフムーン工場に行って..
 続きの工事をお願いしたわ

「柱と壁と屋根..全部となると
 それなりよ..金貨1000枚はするかも」
「....」

(なんか..お金って手元に残らないのね)
(いいタイミングというか...呪われているというか)
(まあいいわ..近くに山賊がいるらしいから
 腹ごしらえとお小遣い稼ぎしてから..
 シドゲイルのご尊顔を拝ませてもらいましょうか)
 

「をを! 元気そうでなりよりだ! 我が友!
 名高き「銀と血の守護者」様のご帰還だ!」
2021082210
 
(...マジでイラッとするわ..こいつ)
(相変わらず..
 なんでも知ってるぞアピールしてきおるの)

「シドゲイル様におかれましては...」
「そういう形式張ったのは..いらんいらん
 下らない前置きはおいておいて...
 少し頼みたい事がある」
 
 空気が変わったわ
 どうやら真面目な話らしい
 
「知ってると思うが..ファルクリースの前の領主は
 叔父のデンジェールだ
 早い話が帝国の偉いさんに話を通して押し退けた」

(うわぁ..ハッキリ言うんだ..この人)
(誰にでも言ってるわけではないようじゃがな)
(信頼してもらってるってこと? 意外といい人ってこと?)
(阿呆か..信頼しているとアピールしておるだけじゃ
 こんな手で..ころころされるでないわ)

「最近..デンジェールの動きが怪しい」
「復権を狙っているとか?」
「それはないな..
 あいつの古い政治を支持する人間はいない
 まあそれならそれで処分すれば済む話だ」
「あ..そう...」

「どうやらデンジェールは腕の立つ人間を探しているらしい 
 それとなく近づいて..奴が何を企んでいるか調べて..」
「処分とやらを私にさせる気?」
「いや..可能なら力になってやってくれ」
 
 意外な依頼に驚いたわ
 
「デンジェールは叔父だからな..
 今は敵対に近い関係だが..気には掛けている
 ただ俺からの助力は受けないだろう」
「解ったわ..そういう事なら話を聞いてみる」
「最近は酒場「デッドマンズ・ドリンクで昼間から
 居座っているらしい」

 権力の座から追われた老人か...
 全てを失って失望の中にいるんでしょうね
 できるだけ優しくしてあげないと..


「無礼者が! ワシは前領主じゃぞ! 
 敬意を持て! このファルクリースがあるのは!
 ワシのお陰なんじゃからな!」

2021121902

 酒場で姿を確認して..
「デンジェールさん?」と声を掛けたら..
 こんなリアクションだったわ

「ふん! まあいい! お前らのような余所者なんぞに
 言っても無駄じゃろうがな! で..何じゃ?」
「えっと..腕の立つ人間を探していると聞いたんだけど」
「ふん..伺ったんですが..じゃろうが!
 最近の阿呆は敬語のひとつも使えんのか!」

(..サージュ..私限界かも..蹴り飛ばしたい)
(我慢せい..当たり所が悪いと死ぬ)

「デンジェールさん..腕の立つ人を」
「デンジェール様じゃろうが!」

(..サージュ..横っ面を打つくらいは許されるわよね)
(ダメじゃ..お前はグーでやるじゃろ..死ぬぞ)

「デンジェール様..
 腕の立つ人間を集めていると伺ったんですけど?」
「で? ..お前みたいな小娘が役に立つと?
 冗談も休み休み言え!」
「こう見えても..「山賊狩りのイェカテリーナ」といえば」
「ふん..聞いた事もないな! が..まあいい」
 
 大きく溜め息をつきながら...
 酒場の隅に移動するように顎で指示されたわ

 ぶん殴ってやりたい衝動を我慢して..
 ついていく

「少々腕が立つようではあるしな..
 そこそこ洗練された動きをしておる」
「それはどうも..」
「ありがとうございますじゃろが!」
「あのね..爺さん..前の領主かもしれないけど
 私にとっては...うるさい年寄りでしかないの」

 デンジェールはぐっと喉を詰まらせたわ
 不満はありありのようだけど

「ふん..これも全てシドゲイルのせいじゃ
 あやつはこのファルクリースを帝国に売ったのじゃ
 奴こそが売国度..だか見ておれよ..」
 
 負の感情が凄いわね
 
2021121903

「で..デンジェールさん..私に何をして欲しいの?」
「ここからは独り言じゃ..誰にも聞かれたくない」

 デンジェールさんは背を向けると..
 酒場の隅にあった..錬金術の調合器で薬の生成を始めたわ

(..サージュ..どういうこと?)
(つまりじゃ..公に言えないから偶然聞いた事にしてくれ
 と言っておるのじゃ)
(うわ..面倒くさ..)

2021121904

「ワシらの数世代前に..ヴィグハールという男がおった
 奴は..ある男と契約を結び..永遠の生命を手に入れた
 そう..人の血と命を奪うことで..命を維持する
 忌むべきバケモノになりさがったのだ」

 思わず...ごくりと喉が鳴ったわ
 つまり..私と同じ吸血鬼..ってことよね
 
「奴は己の力に酔い..次々と人を殺めていった 
 しかし..その悪行は長くは続かず..
 数年で吸血鬼狩りの手に捕らえられた」

 吸血鬼狩り? そういう存在がいるの?

「だが..バケモノであってもファルクリースの領主
 殺す事はできず..あやつは墓の中に封印された
 その墓は..このファルクリースの外に作られ..
 ここの領主のみが..その場所を知っておる」

 そういう血塗られた歴史があったのね

「しかし..先日..この墓が破壊されてしまった
 何者かが..ヴィグハールを解き放ったのじゃ」
「待って! この付近に吸血鬼がいるっていうの?」

 私の質問に..デンジェールは背を向けたまま
 ひと言も答えない

「ね..ちょっと! 聞いてるでしょ!」

(カテリナ! 奴は独り言を言ってるだけじゃ..
 ワシ様らが質問する事はゆるされておらん!)

「..ごめんなさい..
 ちょっと話しかけられた気がしたから」

「ヴィグハールは..かつて..
 「ブラッドレットの玉座」と呼ばれる砦に居を構えておった
 少し前に..「ブラッドレットの玉座」に人が入るのを見た
 という情報が入った
 おそらくヴィグハールが人を..
 吸血鬼の下僕となるものを集めておるのじゃ」

「解ったわ」

(サージュ..)
(カテリナよ..吸血鬼は歳を経る毎に力を増す
 封印されていた分を差し引いても..
 数十年は血をすすったとなれば...
 ワシ様らを遙かに超える力を有する可能性がある)
(なおさらでしょ! 奴が力をこれ以上付ける前に!
 つまり犠牲者が出る前に! なんとかしないと!)
(まったく..お前さんは..呆れるの..)
(じゃあ..どうするつもりなの?)
(ふん..ワシ様は意外と阿呆なマネが好きなのじゃ)

 私達はその足で「ブラッドレットの玉座」に向かったわ
 恐るべき吸血鬼..私達が勝てるのかしら?

2021121905

 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます

スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント

シモン・ベルモノドがこの世界に!
[2021/12/19 19:34] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

イェカテリーナ
このお姉さんならぎりぎり許容範囲ですv-398
[2021/12/19 22:04] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 対ヴァンパイアハンター組合みたいなのが..
 あったらしいです..クエストで復活するとか
 それ関連のクエストはまったくやってませんが..
 そこで上級ヴァンパイアになったりできますよ
 
>瑠璃月さん
 プレイヤーはどんどん美化していけますけよ
 ハート様は..全体美化MODくらいかも?
 宿屋のお姉さんは..専用美化されていますね
 いやいや..もうちょいなんとかして欲しい
[2021/12/20 00:14] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3353-6b9a50e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY