fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ12
電子書籍も順調に進んでますが...
今週はスカイリムのノベルです!
来週は選挙に行くので...
選挙特番を見たいですからね!
やっつけで書ける電子書籍の売り上げで
お茶をにご...あ! あべし!
 
では! コピペのお約束文章から!
『スカイリム』..
正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーでは..
ゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです
 
また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
また..文章はフリーライティングしてますので
表現重複とか誤字脱字とかは許して下さい
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
直ぐに消します..光の速さで明日にダッシュです!
音速超えると衝撃波が出るの..知ってます?


では...本編は追記の方に...


【スカイリム妄想リプレイ 第12回:拘束】

 マルカルスに転移させられた私達は..
 市場で「フォースウォーン」を名乗る男の殺人に遭遇
 
 その事件の裏にいたのは..
 このマルカルスの有力者「鼻利きネポス」だったの
 
 真相を追って..乗り込んだ私達だったんだけど..
 逆に罠にハメめられた形になってしまい絶体絶命!
 吸血鬼の力でなんとか「鼻利きネポス」と
 その部下達を仕留める事はできた
 でも...

2021101013

 私達はネポスの家を飛び出すと...
 マルカルスの実質的支配者と言われる...
 シルバーブラッドの屋敷に急いだの
 
 シルバーブラッド家は
 フォースウォーンの王であるマダナックを
 監獄で人質に取ることで...
 フォースウォーンの実力者であるネポスを動かし
 自分達の邪魔になるものを排除してきた
 
 でもフォースウォーンは強(したた)かに..
 マダナック救出を進めていたの
 で...準備がようやう整い...
 シルバーブラッドに対し..
 今までの報復を行うつもりだと聞いたからよ!

 シルバーブラッド邸は..
 マルカルスでも上流階級の住むところ...
 ネポスの家に近い..とにかく急ぐしかないわけなの

「ここね!」

 半ば扉を蹴り破る勢いで..家に飛び込む

 使用人らしい男ふたりと..メイドらしい女性が..
 私の方を見て固まっている
 
 全員が武器を携帯していないのを..まず確認して..
 ひとまず息をついたわ

「あなた..いきなりなんなの?」 
 
 メイドが距離を開けながら声を掛けてきた
 
 状況の把握もできてないようだし..
 動きも鈍く..戦闘訓練も受けてるようには見えない
 
(ネポスの家とは違うようだな)
(そうみたいね)

「ここはシルバーブラッドよ! 
 何かあれば衛兵達が黙ってないわよ!」

 ようやくにしてメイドが怒声をあげた
 この状況で..ここにいない衛兵を持ち出されても..
 
「大事な話があるの! 主人を呼んで! 早く!」

 私がまくし立てると..使用人もメイドも奥に下がったわ

(ん..ワシ様らを野放しにしおったの
 危機管理の欠片もできておらんようじゃ)
(権力者として迂闊ってことかしら?)
(自身の安全を過信しておるか...あるいは)

「ソナー様がお会いになるそうです..どうぞ」

 戻ってきたメイドに奥に案内される
 先ほどの事もあるから..剣の柄に手を置き..
 周囲への警戒は怠らないようにしておくわ

(いや..そんな緊張の必要はあるまい
 ネポスのところとは空気感自体が違う)
(でも! 何かあるかもしれないでしょ!)
(解った..解った..)

 ダイニング
 丁度食事時だったらしく..
 壮年の男性が席についていたわ..他に人はいないみたい

2021101014

「今..食事中だったのでね
 私がシルバーブラッドの当主..ソーナー・シルバーブラッドだ」
「始めまして..私は...」
「山賊狩りのイェカテリーナさん..だね
 数日前から宿屋に滞在している
 インペリアル人ということは....」
「マルグレットとは関係ないわ..私はファルクリース出身よ」

 私が割り込むと..ソーナーは一瞬驚いた顔をしたわ

 私が泊まっている宿屋はシルバーブラッド
 おそらく彼の影響下にある場所よね
 であれば...
 私のことをしっているのは当然だろうし...
 おそらく帝国の諜報員だったマルグレットについても
 ある程度見当がついていたはず

「あなたがネポスを使ってやっていた事は知ってる
 端的に言うわね..マダナックを助ける算段がついたらしいの
 ネポスがあなたに従う理由はもうないわ」
 
 ソーナーが椅子を蹴った
 信じられないという顔で私を凝視してる
 どうやら..ネポスの方が一枚上手だったようね
 
「ネポスはあなたに報復するつもりよ
 一度..安全なところに隠れて..」

 私が言い終わるより早く..
 使用人の男がダイニングに入ってきた

「旦那様..ネポス様から贈り物だそうです」
「ソーナー様..ご機嫌麗しゅう
 この度はネポスが...」

 後ろから進みでたメイドと目が合う
 間違いない!
 ネポスのところにいたメイドよ!
 
 メイドも私を見て..動きを止めた
 おそらく始末されていると思っていたのね
 明らかな動揺が見て取れたわ

「お前は!」

 メイドが声を上げる間に..
 私は剣を抜きながら走り込む

 メイドが懐から短剣を取り出し..
 私ではなく..ソーナーの方に投げつける

 吸血鬼の驚異的な腕力で両手剣を素早く動かし..
 短剣を叩き落とすと..そのまま刺突を繰り出した! 

「な!」
 
 言葉にならないひと言が最期だったわ
 
 胸元から背中までを刺し貫くと..
 刀身を捻りつつ一気に引き抜く!

 崩れ落ちるメイド

2021101015

 ギリギリだけど..結果的には間に合ったみたいね
 
「す..すまない..いや..ありがとう..か
 どうやら助けられたようだ」
 
 ソーナーは震えている
 陰謀を操って人を殺める事はできても...
 自分自身で手を汚しては来なかったのだろう

(サージュ..ある意味ネポスより質が悪いわね)
(む..そうではあるの)

「あなたがフォースウォーンを使ってやってきたことは
 決して許される事でないわ」
「そ..それは..」

(妙じゃな..カテリナ)
(どうしたの?)
(このメイドおかしいと思わんか?
 ワシ様らより..ずっつ前にネポスの家を出たはずなのに
 何故..こんなに遅くなったのじゃ)
(..それは何か用事があったんじゃない?)
(そうじゃ..用事があったのじゃ
 ソーナーの始末よりも優先させることが..)
(どんな用事なのかしら?)

(カテリナ...ネポスはワシ様らの動きを把握していた
 であれば..ワシ様らが誰のために動いていたか
 当然把握しておったはずじゃ)
(待って! まさか! エルトリスさんが!)
(急ぐのじゃ! タロスの祠じゃ! エルトリスじゃ!)

「ソーナーさん..あなたのことはひとまずあとよ
 きちんと償ってもらうから..覚悟しておきなさい!」

 それだけ残して..シルバーブラッド邸を飛び出す
 一目散にタロスの祠に!
 
 
  
「エルトリスさん!」
 
 ...あぁ! 遅かった...遅かったのよ! 
 祠に奉られているタロス像の前に...
 エルトリスさんが..倒れている
 彼の身体の下には信じられないくらいの..
 血が溜まっていて..

「なんでなの! あなたが死んでどうするのよ!
 これから娘が生まれるんでしょ!
 その子の為に! 
 頑張っていかなきゃダメなんでしょ!」

 立ち尽くす私の後ろから..何人かが駆け込んできた
 私を邪険に押し退けると...
 倒れているエルトリスさんに駆け寄る

 支給される同じ鎧に..街の紋章を描いたマント
 マルカルスの衛兵なのは解った..
 男性がふたりに女性がひとり

 エルトリスさんの様子を確認すると..
 私の方に視線を移して

2021101016

「おのれ! フォースウォーンめ!」
「こいつは..エルトリスは...
 来月娘ができるというのに! それを!」

 剣を抜いて怒鳴りつけてきた。

「待って! 違うわ! 違うわよ! 私は!」
「イェカテリーナ! お前の悪行は全て解っている!」
 
 女の衛兵が切っ先を私に突きつける

「ネポス氏の家に押し入り彼を殺害..
 その後..シルバーブラッド家に乗り込み
 ソーナー氏の殺害を試みたが失敗
 一端身を隠そうと..このタロスの祠に入り込んだが
 このエルトリス氏に見つかったため殺害した
 そうだな!」
 
 はぁ?

「ちょっと! 何言ってるの! 全然違うわよ!」

「しらばっくれても無駄だ!
 ソーナー氏から被害報告は受けている!」
「おそらくネポス氏の件も..直ぐに確認できるだろう!
 言い逃れはできんぞ!」

 ふたりの男が追従してくる。

 ソーナーが被害報告? どういうこと?

(くそ! どうやら..またハメられたようじゃぞ!)
(なんで! 私は助けてあげたのよ!)
(そういう理屈が通じる相手ではないのじゃ!)

「この場で斬り捨ててやりたいところだけど
 ソーナー氏は..拘束し裁きにかけるよう厳命したわ
 もちろん..抵抗しなければ.の話だけど」

 三人がじりじりと近づいてくる 
 もうやるしかないの?
 山賊と違って..訓練を積んでいる衛兵相手..
 しかも三人..厳しいわね
 でも..この狭さなら...数の利をを活かせない..はず

(待て! カテリナ! 落ち着け! 耳を澄ませ!)

 サージュに言われて...意識を耳に集中する
 吸血鬼の聴力が多くの情報を与えてくれるの

 外に人が駆けてくる..金属..鎧の音?
 衛兵の増援かしら..
 数は..二...三?

(五人はおる..魔法使いもおるようじゃ..)
(ここの三人を斬り伏せて..まだあとがいるってことね)
(上手くいってそうじゃ..このままでは最悪挟み撃ちじゃ)
(どうすればいいの!)
(...ここは降伏するしかない)
(どうして! 私は悪くないのよ!)
(このままでは殺されるだけじゃ 
 ひとまず...命さえあれば...なんとかなるやもしれん)

(でも!)
(マルカルス中の衛兵を相手にできると思うか!
 よいか! 吸血鬼は無敵の超人ではない!
 己を過信するな! 
 お前には取らねばならない仇があるのじゃろ!
 ここが命の使い所ではないであろが! この阿呆め!)
(...わ..解ったわよ)

 私は武器を捨てて..拘束される事になった
 裁きについては非公開で弁護の機会も与えられなかった
 迅速すぎる即日決着..

 私はシルバーブラッド家の鉱山で
 強制労働させられる事が決まったわ..期間は50年

 そして翌日..私は鉱山の監獄に送られた
 
2021101031

 これから..どうなるのかしら...


 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます

 話は変わりますが!
 『Fallout4』も遊んでいますよ!
 キャラを作り直して! 少しずつ操作にもなれて..ゲームを進めています!
 パワーアーマー(強化服的なもの)が手に入ったので..
 それを祝しての1枚です!
 キャラも可愛くなったと思いません?
 
 2021101099


スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント

なんてこと! サージュがちんじゃった!v-12
[2021/10/24 19:36] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

キャラ
両極端ですねv-405
[2021/10/24 22:36] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 なんと! サージュさんが! 作者すら知らない間に!
 まあ吸血鬼ですから..牢獄に入れられてしまって
 吸血ができなくなると..遠からないうちに破滅ですが
 そうならないように..なんとかしたいとこですね

>瑠璃月さん
 スカイリムに比べてFallout4はMODが少ない感じです
 っていうか..スカイリムが多すぎるのですよね
 なので美化MODは..「Nanakochan」が主流かも?
 子供は「Nanakochan」化できないので楳図風味ですよ
 
[2021/10/24 22:56] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3305-c0649130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY