fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ11
先週の告知通り!
今日は『スカイリム』の妄想リプレイを更新します!
『Fallout4』も買ってしまったのですが...
まだ1000枚を超えるSSがあるので消化していかないと!
オリジナルのノベルが止まっているんですけど
ほらね! これもね! 文章鍛錬のね! ひとつだからね!
 
では! コピペのお約束文章から!
『スカイリム』..
正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーでは..
ゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです

また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
直ぐに消します..微塵隠れの術です!
紅子も雲隠れする時には..微塵隠れしたいですね!

では...本編は追記の方に...


【スカイリム妄想リプレイ 第11回:フォースウォーンの男】


 マルカルスに転移させられた私達は..
 市場で「フォースウォーン」を名乗る男の殺人に遭遇

 それに巻き込まれる形で..
 銀鉱山で技師をしているエルトリスさんに
 フォースウォーンの調査を依頼されたわ

 どうやらフォースウォーンは..
 マルカルスの先住民族で..
 街内でテロを起こす犯罪集団らしいの

 ここしばらく活動を活発化させているようで..
 裏で何かが動いているのではないかと..
 エルトリスさんは心配しているようなの

 本来なら..陰謀論の類いには付き合いたくないんだけど..

2021101004


「実はもうすぐ娘が生まれるんだ
 俺は娘のために..少しでもマルカルスをよくしたい」

 そんな言葉を聞かされたら..断るわけにはいかないじゃない

 で..市場で事件を起こしたウェイリンについて追っていたの
 彼の住処で..彼宛の指令のようなものを見付けたわ

2021101008

 差出人は「N」
 こいつを追えばと..外にでたところで..
 モヒカンの男が近づいてきたの

「何やら嗅ぎ回っているらしいな!」

そう怒鳴りつけると..いきなり殴りかかってきたの!
しかもグーで! 信じられる? 女性の顔をグーでよ!

 左の頬を殴りつけたモヒカンは..
 手応えがあったのか..
「どうだ?」みたいな顔をしやがったわ

 確かに..いいパンチだったわね
 思わずイラッとしちゃったもの

「へへ..ちょっとは目が覚めたかい? 
 でも..こんなもんじゃ...」

 こういう輩って..なんで相手を目の前に
 無駄口を叩きたがるのかしらね?
 
 素早く距離を詰めて..軽く膝蹴りを叩きであげたわ
 50センチくらい身体が浮いたわね

 そのまま..無様に地面に転がる

「うん..私としても.このままで済ますつもりはないの
 さ...早く立って..手足の2..3本へし折ってあげる」

2021101009
 
「ひ...ひい..ま..待ってくれ..
 違う..俺は頼まれただけなんだ..その軽く痛めつけてやれって」

(ね..サージュ..こいつ..ちょっと情けなくない?)
(吸血鬼のバカ力で蹴り飛ばされたら..普通の人間はこうじゃ)

「誰に頼まれたの? 言うわよね」
「それは言えねえ..ただそいつはNの使いだって言ってた
 メイドだ..Nが何者かは知らねえ! ...知らないです」

(..全部言ってるじゃないの)
(まあ..吸血鬼のバカ力で殴られたらの..普通は懲りるのじゃ)

「じゃあ..俺はこれで...」

 そそくさと逃げようとするのを

「待ちなさい..まだ質問が残ってるわ..
 昨日市場で殺された女性について知ってる?」

「..マルグレットだ..吟遊詩人だ
 間違いない..どこに行くにもリュート持ってたからな
 先月くらいから宿に..シルバーブラッドって宿だ
 あ..宿屋です」

 私が泊まったのも..そこね

(カテリナ...シルバーブラッドといえば)
(え? 何? どうしたの?)
(..お前の脳は空っぽか! 空っぽなら糞でも詰めておけ!)
(下品な事言わないで!)
(シルバーブラッドじゃ! エルトリスが言っておったろ!
 街の実質的支配者はシルバーブラッド家じゃと!)
(そ..そうだったかしら? 確かにそんな名前だったような?)
(はぁ..もうちょっと頭を使え..阿呆になるぞ)
(同情的な言い方しないで! 失礼でしょ!)

「あの..姉さん..俺..そろそろ帰っていいっすか?」
「ダメに決まってるでしょ..殴られた分..まだ返してないから」



「ここがマルグレットの泊まってた部屋ね」

2021101010

(あのな..カテリナ..ワシ様がいうのも筋違いではあるがの
 もうちょっと弱者に優しくしてやれ)
(十分に優しいでしょ..
 すっごく手加減してビンタで済ませてあげたんだから)
(あのモヒカン..5発目くらいで泣いておったぞ)
(ああいうのはね..きつくお灸をしないとダメなの
 それに..ここに簡単に入れたのも..そのお陰じゃない)

 マルグレットの部屋が見れるように..
 モヒカンに交渉してもらったの
 顔が倍くらいに腫れあがったモヒカンの懸命な交渉と..
 ちょっとチップを払う事で..「マルグレットに貸していた物」
 を探す時間を貰えたわ

 ..にしても小さなずだ袋があるだけね 
 中は着替えとか..旅の道具ばかり..
 さすがは吟遊詩人..荷物少なく旅慣れているわね
 
 あと..机の横にリュートが立てかけてある
 商売道具なのに..使い勝手が荒いわね..傷だらけよ

 リュートを持って..弦を軽く弾く...
 私も少しだけ楽器が弾けるのよ..
 行商人で..楽器も扱ってたから..
 あ..

(カテリナ...音が外れとるぞ..お前は口先ばっかじゃな)
(失礼ね! 弦よ! 弦がきちんと調整できてないの! 
 ほら! 3本目が緩んでる! こんなので音が出る訳ないの!)

 まったく! 吟遊詩人って適当なのね!
 
(カテリナ...おかしくないか?)
(おかしくないわよ! 待ってなさい! 今! 弦を締め直して!)
(阿呆か! そんなのはどうでもいいのじゃ!)
(じゃあ..何よ)
 
(モヒカンが言っておっただろ
 マルグレットは吟遊詩人であったと..
 どこに行くにもリュート持っておったと)
(言ってたわね..だからなんだってのよ)
(何故..ここにリュートが残っておるのじゃ?)
(え?)
(商売道具の扱いが荒すぎるのも変じゃ
 そもそもあいつは歌っておったのか?)
(そんなの..聞かないと解らないけど..)
(いや..聞かなくても解る..あやつは歌ってなどおらん
 おそらく吟遊詩人ではあるまい)
(どういうこと?)
(そのリュート..どこかに仕掛けがあるはずじゃ)

 半信半疑でリュートを調べる
 どこにも変なところはないように思えるけど

(もっと細かくじゃ! いい加減な性格がこんなところにも!)
(うるさいわね! そんなに言うなら! サージュが..あ?)

 ぐっと力を込めたから? ネック部分が少しへこんだような?
 よく見つめると..小さな溝がある..何かを差し込むのかな?

(カテリナ! 短剣じゃ! 短剣を突っ込んでこじ開けよ!)
 
 言われるがまま..ぐっと短剣を入れて捻ると..ネックが割れた!
 小さなメモ用紙が1枚落ちてきたわ!

 走り書きで
「鼻利きネポス 指令 シルバーブラッド」

(鼻利きネポス! Nじゃな! 繋がったぞ!)
 サージュは納得したようだけど

(ごめん..どういうこと?)
(カテリナ..マルグレットはおそらく帝国の諜報員じゃ
 フォースウォーンの尻尾を掴んだのじゃろう
 フォースウォーンの犯行指示者..それが鼻利きネポス..
 じゃが..マルグレット自身も尻尾を掴まれたのを悟った
 で..万が一に備えて..リュートにメモを残したのじゃ
 遠からぬうちに..マルグレットの縁者を名乗るものが..
 このリュートを回収に来るであろうな)

(壊しちゃったのマズくない?)
(マズいの..だから丁寧にしろと言ったじゃろ)
(言ってないでしょ!)
(ん..そうじゃったかな? 
 とにかく..鼻利きネポスじゃ..
 今夜..ここの酒場で情報を集めるぞ)
 
 
 
 鼻利きネポスは..
 鉱山の管理を担当しているんだって
 街に多額な寄付をしたり..定期的に施しを行ったり..
 鉱山労働者の労働環境を向上させたり
 その私利私欲のない行動で尊敬されているみたい
 
(その地元の名士が..フォースウォーンと繋がっておるわけか
 このマルカルスというのは..随分と業(ごう)が深いようじゃな)
(とにかく..一度会ってみないと..)
(会ってどうするのじゃ? お前がフォースウォーンだろとでも聞くのか?)
(まさか..会えばホントに悪人かわかるでしょ)
(お前に人を見る目があるとは思えんがの)
(何言ってるの..サージュが見るのよ..
 私より長く生きているんでしょ..人を見る目くらいあるでしょ)
(お前..凄いのぉ..ホントに凄いのぉ..)

 お昼前に..ネポス家に向かったわ
 マルカルスは全部石造りの立派な家が多いんだけど
 その中でも見るからに大きなのがそうだったわ

 で..尋ねたら..愛想の悪いメイドさんに
「ネポス様はアポイントのない方とお会いになれません」
 と通せんぼうを食らったわ
 
(当たり前と言えば..当たり前じゃがな)
(む..なんとか交渉してみるわよ)

「大事な用があるの! とにかく時間をとってもらって!」
「できません...ネポス様は多忙なのです」

 もう! 取り付く島もないってこれよね!

(交渉にもなってないからの..仕方ない..
 吸血鬼の力で意思を奪うか)
(待って! もうちょっとでなんとかなるから!)
(なるか!)

「何やら騒がしいの? 来客かの?」
 奥から声が老人の声がしたわ

「ネポスさん! 大事な話があるの!」
「お引き取り頂くところです!」

「よいよい..奥に入ってもらいなさい」
「解りました」
 
 どうやら話がわかる人みたいね
 ま..フォースウォーンなら油断はできないんだけど
 
 暖炉の前に座って..何やら書物を広げていたみたい
 近くにいた..年配のメイドに何やら指示をしていたわ

「では確実に処理をしておくように
 どちらからでも構わないが..きちんと確実にな」
「はい...ネポス様」

 メイドは深々と頭を下げると..
 丁度私と入れ違う形になったわ

「急に尋ねてきてごめんなさい
 どうしても聞きたいことがあって...」
 
2021101011
 
 ちらりと室内..掃除をしているふたりの使用人を見やった
 暗に人払いを伝えたつもりだったけど

「彼らの事は気にないでよい..献身的に仕えてくれる
 大切な使用人でな」
「でも...」
「イェカテリーナさん..じゃったかな? 
 こうしてここまで来たということは..捜査は順調というところかの?」

 言いながらネポス氏は..ゆっくりと本を置いた

「で..何用かな?」
「色々と聞きたいことがあるんだけど..
 変なモヒカンを雇ったのは...あなたなの?」
「ふん..回り道をするのが好みかの?
 まあ..いいじゃろう..そうじゃ..と言っておこう
 あの程度に脅されて..引き下がるようなら..
 気に掛ける相手ではないということじゃからな」

 ネポスの目をじっと見つめる
 温厚そうな好々爺という風情を装っておってはいるけど...
 
(ふん...なかなか悪党じゃな
 人間よりはワシ様のような吸血鬼の方が気が合うじゃろうに)

 サージュの意見に小さく頷く...
 そっと剣の柄に手を置いた

「単刀直入に聞くわ..ネポスさん..
 あなたがフォースウォーンに指示を出してるのよね」
「そうじゃ..それを掴んだから..ここにきたのじゃろ?」
「街の支配者であるシルバーブラッド家と繋がっている」
「..ふん..この街にきて..2日ほどと聞いたが..
 なかなか優秀なようじゃの」

(カテリナ..マダナックじゃ)

「マダナックね? どう?」

 私のひと言にネポスが..動きを止めた
 一瞬..殺気に満ちた目になるが..その感情を押し込めて

「山賊狩りなんぞとバカにはできんな..頭も回るようじゃ」
「ありがとう」

 私は全然解ってないんだけどね
 
「その通り..我らがフォースウォーンの王
 マダナック様は監獄の中...
 シルバーブラッド家に命を握られておる
 だからワシらは奴らに屈したふりをしておったのじゃ
 奴らの言うがまま..奴らの邪魔となる人間を排除してきた」

 そうだったなんて!

「ワシらには時間が必要だったからの
 しかし..それももう終わり
 マダナック様を救い出す準備は整ったのじゃ
 まずシルバーブラッドの連中もろとも
 このマルカルスを血の海に沈めてやる」
「そんなことさせるわけにはいかないわ」
「ふん...どうしてワシが..全てを話したと思う?」

(カテリナ! 跳べ! 後ろじゃ!)

 サージュの言葉に! 素早く跳躍! 
 直後..私の立っていた辺りが燃え上がった!
 攻撃魔法よ!
 
 床を転がり..距離を開けながら状況を確認する。

 メイドよ!
 私を追い返そうとしていたメイドが
 次の魔法を詠唱をしていたの!
 
「この娘は無愛想じゃが..
 フォースウォーンでも屈指の術者での..
 はてさて..山賊狩りには荷が重いかの?」

 ネポスがゆっくりと立ち上がって..
 近くにあった剣を引き抜いた

 魔法は..特に吸血鬼にとって火は弱点のひとつ
 一気に距離を詰めて...

(カテリナ!)

 サージュの警告の直後..凄まじい衝撃に頭が揺れた
 右の視界が一瞬でなくなった!

 片手で頭を押さえながら..凄まじい出血!
 霞む左目で..

 使用人だったわ
 手には槌矛(メイス)を握っている
 
 もうひとりも槌矛を持って..駆け寄ってくる
 
(まずい! 完全に後手回りよ! なに? 足がふらつく)
(カテリナ! 今の一撃で頭蓋骨が砕かれた..
 普通の人間なら即死じゃ! 距離をあけよ! まず回復じゃ!)
(うん..隣の部屋に逃げる!)

 背を向けて駆け出だそうとしたけど
 でも足が思い通り動かなくて...
 
 背後からの一撃を受けて..無様に転倒

(痛い! 背中が!)
(左の肩甲骨が割れた! カテリナ! 早く逃げるのじゃ!)
(解ってるわよ!)
 
 床を転がって...隣の部屋に..
 隅っこまで逃げるけど...
 
 メイドに..使用人ふたり..更にネポスの4人が追ってくる!

 こっちは逃げ場がもうない!
 剣を抜いて..なんとか立ち上がる!

 直後..身体が火に包まれた! マズい! 火球を食らった!
 熱い! 肌が焼ける痛みに! 声が漏れる!

(カテリナ!)
(何よ!)
 
 直後..脇腹に槌矛が食い込んだ..
 使用人のひとりに回り込まれたみたい
 
2021101012

 肋骨が砕けて..呼吸が止まる
 膝から力が抜けて..地面に崩れ落ちたわ

「まあ..山賊狩りといっても..所詮は小娘じゃったな
 死骸は..あいつらにくれてやろう
 新鮮な死体に飢えおるじゃろうし..残さず食うじゃろ」

 4人が隣の部屋にもどっていく..
 数分後..使用人の男ふたりだけが..担架を持って戻ってきた
 
 ひとりが近づいて..私の身体に触れようする寸前で..
 いきなり手首を掴んでやる

「うら若き乙女に気安く触さないでくれる?」

 ベキっと! 骨の握り潰す!
 槌矛に比べると優しいものじゃない!
 悲鳴を上げるより早く..腕を伸ばしで頭を取って捻る! 

 素早く身体を起こすと..
 目を見開いているもうひとりに..剣で飛びかかる
 文字通り一撃で首を刎ねた!

 ふうっと息をつく
 まだ鈍く頭が痛むし..呼吸も辛いけど

「不死身の吸血鬼様を舐めるんじゃないわよ」
(まあ..危なかったがのぉ
 死体を確認しなかったのは致命のミスじゃったな)

 ゆっくりと..隣の部屋に向かう

「ネポスさん..酷いわね..まだ話は途中だったのに」  

 メイドとネポスが驚愕する

「奥のふたりはもう片付いたわよ」

「な...あの傷じゃ..間違いなく死んでいた..」
「まさか..こいつは..吸血..」

 メイドの言葉を逆袈裟に斬り上げて遮ると
 ネポスに切っ先を突きつける

 顔に流れた血を拭うと..できるだけ優しい笑みを浮かべて

「さて...ネポスさん
 神様に祈る時間は..どのくらい必要かしら?」
「ま..待て..取引だ..取引をしよう」
 
2021101013

「やれやれ..酷い目にあったわ..」

 少し休むと傷もふさがったみたい
 
(カテリナ..大丈夫か?)
(かなりマズかったけど..なんとかね
 まあでも..これでフォースウォーンも..)
(待て! カテリナ! こいつメイドを送り出しておったぞ!)
(何か用事があったみたいね..買物かしら..
 あ..戻ってくるとまずいかも?)

(違う! ネポスは処理を命じておった!)
(どういうこと?)
(役目の終わった奴を処分しに行ったのじゃ!
 シルバーブラッド家じゃ! 急げ! 
 当主が殺されでもしたら! ややこしいことになる!)
(でも..裏で糸を引いていた悪い奴なんでしょ)
(そういう小さい問題ではないのじゃ! 行くのじゃ!)
(解ったわよ! まったく..人使いの荒い話よね!)

 急いでネポス家を飛び出す!
 でも..シルバーブラッド邸は..目と鼻の先のはず
 間に合うかしら?


 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます
スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント

鷹城先輩がーーーーv-12
[2021/10/17 22:07] URL | 梁さん #WwSEJKX6 [ 編集 ]

スカイリム
リハビリのつもりで少しずつ遊ぼうかなv-408
[2021/10/17 22:30] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 鷹城先輩...2巻の準備は整っています!
 あとは登録するだけです! なので大丈夫!
 11/03のイベントに乗っかる形になります
 ん...宣伝効果があればありがたいのですが..
 
>瑠璃月さん
 この週末は『Fallout4』のMOD積み込みでした
 『スカイリム』に比べると..楽な感じかな?
 キャラクター美化MODがあまりないので...
 ちょっと変わった感じになってしまいましたけど
 
[2021/10/19 00:16] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3299-f2d56055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY