fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ6
今週も『スカイリム』の二次創作的な
妄想リプレイを書いていこうと思います
ん..ずっと電子書籍の作業をやっていて
もうね..数少ない創作の楽しみなのですよ
『スカイリム』に興味のない人には..
面白くない話だと思いますが...
紅子が楽しいので! 我慢してください!


ということで! 
フリーライティングなので誤字脱字とかは..
生温かい目で見て下さい!
っていうか! 文字を読むな! 感じろ!
 
では! 定番のお約束文章から!
『スカイリム』..正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーではゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです

また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
瞬間で消します! 斬影拳です! 小パンチも入れます!
 
では...本編は追記の方に...
 

【スカイリム妄想リプレイ 第6回:吸血鬼家を買う】

「実は山賊団を始末してほしい..ひとり残らず」

ファルクリースの現首長..シドゲイル
彼の依頼は納得できないものだったわ

私もホワイトランで「山賊狩りのイェカテリーナ」と呼ばれるくらい
何人もの山賊を殺めて..賞金を貰ってきた
でも...山賊退治の対象となるのは山賊の頭だけだし..
建前上は「降伏すれば身柄を拘束し衛兵に届けること」となっている
 
つまり相手が山賊といえども..
最初から殺害を..しかも全員をというのは普通はない

「いきなり呼び出された挙げ句..理解しがたい頼み..
 裏があると思われても不思議じゃないな」

シドゲイルはそう言って薄笑いを浮かべたわ

「友人として軽く話しておこうか」

そう奇妙な前置きを置いて...

2021082210

「知ってると思うが...現在スカイリム地方は内乱の気配がある
 イーストマーチの首長ウルフリックが
 上級王トリグを殺害し..反帝国軍ストームクロークを設立したからだ」

これには絶句するしかなかったわ!
上級王はスカイリムの9首長からひとり選ばれる
言うなればスカイリム全域の統率者なの!

それを首長が殺害するなんて! 明確な帝国への反乱よ!

「各領地の首長は..このファルクリースを含めて
 戦力の増強確保を行っている..くるであろう内戦に備えてだ..な
 だが..人的資源には限界がある
 結果的に各地の治安は低下し..各地に山賊や追い剥ぎが多発している
 まあ..「ホワイトランの山賊狩り」様には..解ってたことだろう」

...そう..異常なくらい山賊が多かった..わね

「山賊のお得意さんといえば..なんといっても貿易商だ
 彼らの被害で..ホワイトランでも物資が不足していたはずだ」

確かに..市場では値段の高騰でもめていたりもしたっけ..

「ホワイトランで奇妙なことに気付かなかったか?
 何故かファルクリースからの物資は..安定して届けられていただろう?」

言われてみると! そうよ! 
野菜や肉だけじゃなくて..嗜好品もファルクリース産が多かった!
故郷のものだから嬉しかったけど

(ふん..なるほどのぉ)
「サージュ..どうしたの?」
(こやつはとんでもない糞野郎ということじゃ)
「え? どういうこと?」
(こいつ..一部の山賊とつるんで..
 ファルクリースからの荷物は襲わぬように話をつけておったのじゃ)

「別に..それは悪いことじゃないでしょ?」
(痴れ者が! 少しは脳を働かせるのじゃ!
 山賊が何の得もないことをするか! 
 見返りとして情報を流しておったに違いあるまい!
 ファルクリース以外の商人が..
 いつ..どんな規模で..どこを通るか!) 
「でも..そんな情報を正確に掴めるの?」
(こいつはこのスカイリムのあちこちに..間者を放っておるのじゃ!
 ホワイトランで「山賊狩り」などという小娘の情報ですら手に入るくらいにな!)

「どうやら察してくれたかな?
 つまり..そう..彼らとはビジネスパートナーだったわけだ
 ところがだ..つい先日..ファルクリースの荷に手を出した
 フォースウォーンとかいう..北の勢力に押されて...
 縄張りを奪われたのが原因らしいがね
 そんなことはどうでもいい..約束が守れないなら用はない
 処分が必要というわけだ」
 
「それを私にやらせようと?」
「そんな偉そうな立場ではないよ..
 悪い山賊を退治して欲しいと友人に縋っているんだよ
 もちろん..それ相応のお礼はさせてもらう
 金貨2000枚でどうかな?」

に..2000枚? 普通の山賊退治の20倍も?

「それだけじゃないぞ..土地を用意してある」
「と! 土地を? 私に?」
「買う気があれば..だがな」

(土地がどうしたのじゃ?)
「スカイリムは全ての土地は首長のものなの! 
 私有地は原則禁止なのよ! 
 でも..国に対し多大な貢献をすれば特例として土地を買える!」
(つまりは最大級の特権ということじゃな)

「どうだ? 未来の英雄たるもの..
 いつまでも山賊の隠れ家を利用してはいかんのではないか?」
(ふん..随分とワシ様らのことを調べたらしいの)

「実際のところ..山賊達は交渉を切ってきた
 これからは無差別に荷を襲うだろう
 私としては大きな被害が出る前に...」
「解ったわ..力を貸してあげる」

(ん? いいのか? お前はこういうところ潔癖であろうに)
「正直なところ嫌だけど..放置しておけば被害が大きくなるもの..ただ」

「いい? 力を貸してあげるの? 貴方の依頼を受けるわけじゃない」
 
 一瞬..シドゲイルは苦虫を噛み潰したような顔をしたけど

「ありがとう! 助かる! 持つべきものは友人だ!」

なんて言いやがったわ! ホントに嫌な奴ね! 

で..山賊の立てこもるバイガルチ鉱山に向かったの

バイガルチ鉱山は..元々は廃坑らしくて
いつの間にか山賊が住み着いて..要塞化しているらしいわ

(簡素ではあるが..櫓を組んだりしておるの
 今までの山賊より大規模じゃ..10名以上はいるの)
「エイドリアンの作ってくれば装備もあるわ..一気に行くわ」

(待て! 待つのじゃ! お前は阿呆にもほどがあるの?
 頭に何が詰まっているのじゃ? 糞か? 糞でも詰まっおるのか?)
「下品なことを言わないでって言ってるでしょ」

(この先が不安じゃからの..吸血鬼の戦い方を教えてやる
 吸血鬼は人狼(ラインカンスロープ)のような殺戮者ではない
 闇に紛れ..速やかに相手を狩る狩人じゃ..
 風のように素早く...霧のように忍び寄り..そして狩るのじゃ)
「確かに..身のこなしは..凄くいい感じだとは思うけど」
(まずは..見張りの女からじゃ..忍び寄るのじゃ)

確かに..今までのような強引な戦い方だと限界はあるかも?
言われるがまま..つま先で地面を音をできるだけ立てないように近づく

「ん? なに?」
接近に気付いた時には..既に間合いに入り込んでいたわ
素早く首を掴んで..引き寄せる...そして..死の接吻
恍惚の表情を浮かべて崩れ落ちたわ

2021082901

(いい感じじゃぞ..次はあの見張り台じゃ! 大丈夫じゃ!
 小さな足場でもあれば跳躍できる! 要は勇気じゃ!)
「勇気って..似合わない単語ね..でも..思い切れってことね)

身体を低くして..見張り台まで駆け寄ると
ちらりと見上げる高さは3メートルくらいかしら? 
上に...人の気配がするわ!
気付く前に! いかないと!

組み上げられた木を足場に..ジャンプで駆け上がっていく..
ふわりと音もなく着地

振り返った見張りの山賊が..驚愕しながら声を上げようと! その前に!
「黙れ!」と一喝!

うぐっと言葉を飲み込んだわ!

私にもできた! 吸血鬼の力で相手の意思力を奪ったのよ!
(むう..その力を使えるようになっておったか)

サージュの驚く声を聞きながら..ふたり目も死の接吻で片付ける

2021082902

次は..感じる..生き物の..人間の気配よ

見張り台から飛び下りると..近くの小屋に..飛び込んだ

2021082903

次は..あっちにも見張り台がある!
その下にもひとり! まだ気付いてないわね! 仕留めるわよ!

2021082904

2021082905


(カテリナ! 待つのじゃ!)
「黙ってて! 誰ひとり生かしておかない! 次は! 次は! どこ!」
(まずいの...力に我を失っておるのか)
「さっさと出てきなさいよ! 全部! 全部殺してあげる!
 感謝しなさい! 私の糧(かて)になれるのよ!」

「貴様! 吸血鬼か!」
 大きな斧を持って..大柄の男が飛び出してきた!
 こいつが頭ってことね!

「おのれ! 仲間をよくも!」
「仲間? ふん...山賊ごときが仲間ごっこなんて笑わせてくれるわ
 安心しなさい..直ぐに地獄へ追わせてあげるから」

獣じみた声を上げながら..頭が斧を振り上げてきた
ふん...人間風情が..私に..吸血鬼に敵うと思ってるのかしら

「止まれ! 動くな!」

吸血鬼の力を..でも!

「うぐ...」

振り下ろされた斧が..肩口に食い込んだわ..
骨が叩き潰され..痛みと衝撃に..剣が落ちる

「なんで..効かないの」
(吸血鬼の言葉は力を持つ..だが万能ではないのじゃ..
 意志の強い相手には効かんのじゃ)

次の攻撃を脇腹に受けて..私は地面を転がった..
ダメ..力で負けてる
なんで..吸血鬼の私が..私は吸血鬼なのに...

(下級吸血鬼..しかも..吸血鬼化して間もない
 ここまでのようじゃな..御しきれなかったのが失敗じゃ」

いや! こんなところで死にたくない!

トドメとばかりに振り上げられた斧に両手を向ける..
せめてもの防御のつもりだった

「うがぁぁ!」

何が起こったのか解らなかった?
山賊がいきなり苦しみだしたの

不思議なことなんだけど
それと同時に..私の中に力が流れ込んできたわ!

2021082906

(こ..これは..命を吸っておるのか?
 こんなこと..中級の吸血鬼ですら..)

数秒間だったわ
地面でのたうち回りながら..山賊の頭は息絶えた

気が付くと..折れた肩も..脇腹の傷も跡形なく治っていた

「すごく..変な気分..物凄い高揚感に突き動かされてたような」
(吸血鬼の悪しき衝動じゃ..
 吸血鬼は時として..その殺戮の力に酔ってしまう..
 ワシ様ですら..避けられぬ..吸血鬼としての呪われた宿命じゃ..
 そして..その暴走で我を失い..殺される吸血鬼が後を断たぬ)
「私も..危なかったってこと?」
(ふん..立派な殺戮者だったぞ!
 人を豚のように殺し.その悦楽に酔う! 素晴らしかった!)
「止めて!」
(コントロールするのじゃ..その衝動すらも力に変えれるようにな)
「.....」
(とにかく戻るぞ..ここにはもう死体しかないのじゃ)



「をを! よくやってくれた!」
ご機嫌のシドゲイルから金貨の入った袋を押しつけられたわ
断ったんだけど
「友人としての誠意には..相応の誠意を持って答えさせてもらう!」
らしいの

しかも最初の約束よりサービスしてくれたみたい
(ん...5000枚はあるぞ! すごいの! 
 山賊をうまく扱ってたわけじゃ!)
「評価しないでよ..私達も上手く使われたらどうするのよ」

あと..土地の件については執政に話を通してあるとの事だったわ

彼女が執政のネンヤ...ダークエルフで先代から務めてるみたい

2021082908

「シドゲイルから聞いてるわ
 土地は北..川沿い湖のそばになるわね
 近くにリバーウッドという町があるから..
 必要なものはそこで揃えられると思うわ」

..残念ながら..町の中ではないみたいね

(まあ吸血鬼は町に住みにくいからの..丁度良いのではないか?)
「でもそれじゃ..今の隠れ家と変わらなくない?」
(..まあ..公認の隠れ家じゃな)
「なにそれ?」

「土地は買ってもらうことになっているんだけど?」
「解ってる..いくらになるかしら?」
「金貨5000枚ね」

....あの糞野郎! 舐めてるんじゃないの!
(下品じゃのぉ! 下品じゃのぉ!)
「うるさいわね!」

2021082909

「シドゲイルは色々と問題はあるけど...
 彼は彼なりに...ファルクリースの住民のためを思ってるの
 だから..できるなら力になってあげてね」
「良き友人として?」
「ふふ..そうね..友人として..私からもお願いするわ」

「ところで..どんな事が住民のためになってるのかしら?」
「そうね..色々あるけど..一番は...
 私のやることに口を出さないことかしら..内政は一任されているの」



「ただの丸投げじゃないの! まったく!
 私の故郷が! あんな糞野郎の統治下にあるなんて!」

買った土地に向かいながら..つい文句が出てしまうわよ

(下品じゃ! 下品じゃ!)
「うるさいわね!」
(しかし..意外と領民には慕われておるのじゃな)

そうなの..帰りに酒場に寄ったら..
意外にも以前より良い生活になってると言ってたわ
交易の利益が大きくなってるんだって..複雑な気分よ

(ただ全てが執政ネンヤのお陰みたいな論調だったがな)
「そういうのを気にしないみたいね..意外といい人なのかしら?」
(どうかの? いい人ではないと思うがな
 それより..地図によると..この辺りではないのか?)
「そのはずなんだけど..建物なんて..どこにも..
 あ! 待って! あれ!」

そう..全然嘘じゃなかったの
私達は土地を買ったの..だから嘘じゃないのよ
でもね..

「更地じゃないのよ!」
(更地ではないか!)

そこにあったのは..紐で囲った地面だけだったわ!

2021082910

ホントに! 糞野郎ね!

 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます
 想定以上に..長くなってしまいました
スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント

しかも意外と狭い!
[2021/08/29 19:22] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

スカイリム
この労力をルビ打ちに……いや、それは言わない約束ですねv-408
[2021/08/29 22:47] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


SSと文言が秀逸だ。さすが文豪
[2021/08/30 19:43] URL | erte #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 画面で見ると...狭く見えるかもですが!
 実際は8畳弱くらいの広さはあるんです!
 ん...まあ..それほどは広くなですよね
 今後は家も建てていくので..どうなるか
 
>瑠璃月さん
 ルビ打ちは..なんとか終えているのですよ!
 来月末くらいには完成していると思います!
 ノベルはプラモを作る時間を当てているのですよ
 2時間くらい掛けて..もちもちやっています
 
>erteさん
 ありがとうございます! お世辞と解っていても
 嬉しい限りですよ! 少しずつ読める形には..
 なりつつあるんじゃないかな..と思っています
 SSも..戦闘中に撮れるようにもなっていきます
 
[2021/08/30 22:37] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3257-543394ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY