fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2022.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


スカイリムで遊ぼう! 妄想リプレイ5
『スカイリム』..
今年の11月に新エディションが発売されるとか!
紅子の持っているSE版は..無料で追加できるそうですが!
MOD積みまくりなので! 
競合は必至! なのでできません!
おのれ! 悪魔くんめ!
 
ということで...
今週もノベルを書いていこうと思います
フリーライティングなので誤字脱字とかは..
生温かい目で見て下さい!
目を細めて見ると..
正しい文字で見えるかもしれません!
大事なのは..そういうところですからね! 解る?
 
では! 定番のお約束文章から!
『スカイリム』..正式名称:『The Elder Scrolls V: Skyrim』は
Bethesda Game Studiosが製作したオープンワールドRPGです
プレイはSTEAM版になります
ショートストーリーではゲーム画面のスクリーンショットを使用しています
基本的には大きさのみの変更でゲーム画面..そのままです

また..ストーリーはあくまで妄想なので...
実際のストーリーや設定をアレンジしたり..
辻褄があうようにやや変更しています!
あと..著作権云々で怒られたら直ぐに消す予定です
マッハで消します..真・マッハスペシャルです!!
 
では...本編は追記の方に...
 

【スカイリム妄想リプレイ 第5回:故郷ファルクリースに...】
 
「付呪の基本については..ほぼ理解されたようですね」
「はい..これも先生の指導のお陰です」

私が笑顔でそう答えると..ファレンガー先生は少し微妙な顔になった

2021082201

ここはホワイトランの政治の中心「ドラゴンズリーチ」

ファレンガー先生は..このホワイトランの王宮魔術師という立場にある
最近..「ドラゴンズリーチ」に足を運ぶ機会が増えた事もあって..
この..隠れ家にもある謎の道具の使い方を尋ねたの

2021082202

これは武器や道具に魔法の力を与える「付呪」を行うための道具で..
名前は「アルケイン付呪器」

付呪は
 ・魔法の力を持つアイテムから付呪の力を抽出
 ・抽出した力を私の中に刻み込む
 ・刻み込んだ力を「魂石」という魔法石の力を使って道具に込める
という流れなの

ここしばらく通って「アルケイン付呪器」の使い方を教わったの
付呪の力を抽出がうまくいかず..
ファレンガー先生は何度も何度も丁寧に教えてくれたのよ
王宮魔術師って..言うなれば偉いさんだけど..ホントにいい人ね

(いい人なものか...お前が少しばかり役立つ人間なので
 無下に扱わぬよう..首長に言い含められておるのだ)
「解ってるわよ! なんでそういう事をわざわざ言うの?」

私の中にいる居候の声..どう聞いても幼い女の子の声に..
ついイラっときてしまう
この居候は..かつては上級ヴァンパイアだったらしい
名前はサージュ..フルネームはプレサージュ..なんちゃら

(なんちゃらは失礼であろが)

今はサージュと略してるわ..無駄に長いし..
私のことは「カテリナ」と呼んでる
ちなみに私は「イェカテリーナ」よ

(ふん..無駄に発音しにくい名前なのじゃ)
「あのねぇ」

「何か質問がありますか?」..とファレンガー先生

内なる会話に気を取られて..黙り込んでしまったわ

「魔法の方はどうですか?」
「あ..初歩的ないくつかは会得できました」
「それは何より..
 では少しステップアップしたものをお渡ししておきましょう」

言いながらスペルブックを押しつけられる..ああ..

(よかったのぉ..また毎晩勉強できるではないか..くくく)

私が生きていた20年前と大きく変わったのは..魔法ね
かつて魔法は..それこそ魔法使いが扱う特別技術だったの

それが魔法の本質である..「力ある言葉」が本として売られているの
しかも! しかもよ! ちょっと豪華なディナーくらいの値段で!

「力ある言葉」さえ解れば..
その魔法の理論を習得し..己の魔法力を注ぎ込めるようになれば..
誰でも魔法が扱えるようになるの! 素晴らしいと思わない!

(ふん..よく言うのぉ..魔法力を扱うコツが飲み込めず
 超初歩の魔法習得に12時間も掛かったくせに..
 しかも結局はワシ様がコツを教えてやったのだぞ)

2021082203

「そ..そんなの居候している家賃代わりよ!」

ファレンガー先生から預かったスペルブックを..
小脇に抱えて「ドラゴンズリーチ」を出る

注ぐ日光の肌を炙る感覚を堪えながら..商店街に向かうと..
遊んでいた子供達が駆け寄ってきたわ

「イェカテリーナだ」
「また山賊を殺したんだよね!」

そう..最初の山賊を仕留めてから..
もう3ヶ月..私は「山賊狩り」と呼ばれるようになったの
吸血鬼として日々の糧と..山賊の首に掛かった賞金を得るため..

ここホワイトランで「山賊狩りのイェカテリーナ」と言えば
ちょっとした有名人って感じね

(吸血鬼は時と共に力を伸ばしていく..
 まずは生き続けるのが目的じゃ...
 力が付けば..
 お前の村を滅ぼし..お前を吸血鬼した奴を教えてやる)

サージュは..今のところそれだけ...
それ以上話す気はないって感じね

ちなみに私は吸血鬼として..随分と力を伸ばした感じよ
まず普通の人間より..随分と身軽に動けるし...
腕力も..そこらの力自慢の大男には負けないくらい
しかも不死身の身体だってあるのよ!
山賊なんて..もう..何人いても敵じゃないわ!

(不死身ではなく..極端に回復が早いだけじゃ
 いいか..あまり力を過信するでないぞ
 お前は直ぐに調子にのるから..心配じゃ)

「解ってるわよ..でも現に近隣の山賊は..
 全て蹴散らしたわよ」

増えた山賊達の略奪のせいで..
枯渇気味だった物資も最近は少しずつ余裕が出てきたようだし

(つまり..ワシ様らは食料の調達が大変になるのじゃがな)
「ん..それは..そうよね」

子供達に買っておいたキャンディーをあげながら..
将来の不安が押し寄せてくる

他にも心配の種はあるのよ..それは武器と防具ね

死者の前拾った両手剣は..刃の一部が欠けているし..
隠れ家にあった鎧も傷だらけになっちゃってる

(両手で力任せに剣を振り回して叩き付け..
 防御をまったく考えずに攻撃を受け放題..
 そんな戦い方をするからじゃ)

「それは解ってるけど..とにかく! 
 少しお金もあるし...新しい装備に変えたいんだけど」

やっぱり..その..ね..装備屋さんてハードル高いじゃない?

ホワイトラン一の名店と言われる「戦乙女(いくさおとめ)の炉」には
何度も前を通っているんだけど

(お前は意外と内向的じゃからな..
 あんな店はばっと入って..
 「山賊の内臓を切り分ける大ぶりなナイフはないか?
  なるべく糞がつかないのがいいのじゃ」
 くらいで十分じゃろ?)

「もう..いちいち下品..あんたも女の子でしょ」

溜め息交じりに..「戦乙女の炉」まで行くと...
口論が聞こえてきたわ

「物ができあがってからでしか金は払えん!」
「それだけ多くの武器を作るには仕入れが必要なの!
 少なくとも金貨500枚は前金で貰わないとできないわ!」
「前金は出さん! 1度受けた仕事は責任を持ってやるのが
 プロの職人だろうが!」

なんかもめてるみたいね
しばらくすると..物凄い顔色したおっさんが飛び出していったわ
で..その後に出てきたのは..意外な事に若い女性...
私と目が合うと..苦笑を浮かべて..

2021082204

「参ったわね..まったく..
 鉄が空気からできるとでも思ってるのかしらね?」
「随分ともめてたみたいですけど?」
「気軽に話してくれていいわよ
 私はこの店で鍛冶をしているエイドリアン・アヴェニッチよ」

アヴェニッチ? アヴェニッチって..
このホワイトランの執政をしている..

「あれの娘よ..噂は聞いてるわ..
 山賊狩りのイェカテリーナね
 ふうん..荒々しい怪力女ってイメージがあったけど」

(その評価は間違っておらぬな..立派な脳筋娘じゃ)
「うるさいわね」

「貴方の武器と防具..随分と痛んでるわね
 どう? 腕利きの武器鍛冶を雇ってみる気はない?」
「どういうこと?」

「金貨前金で500枚払ってくれたら..
 武器と防具を新調してあげる..もちろんオーダーメイドよ
 しかもメンテもしてあげるし..
 合わなくなったら安価で新しいのを作ってあげる
 損はさせないわよ」

(ん..高いの)
「高いわね」

普通の剣と革鎧なら金貨100枚くらい..
その5倍というのはあまりにも...
確かに...山賊達の報奨金で..
お財布には600枚くらい金貨が入ってるけど

「実は大口の客がいてね..その材料調達に金貨が必要なのよ」
「..解ったわ..お願いする」

(おい! 高いじゃろが!)
「ちょっと高い買い物なのは..その通りだけど...
 なんていうか..こういうことをストレートに言える人って
 なんか嫌いになれないのよ」
(まあ..お前の金じゃしな..
 それに..この小娘はなかなか腕は良さそうじゃし)

「ありがとう..じゃあ少し..身体のサイズを測らせてもらる?
 あと武器も..ん..酷いわね
 剣術というより力任せにぶん殴ってるだけって感じ..
 防具も..酷いわね..普通死ぬレベルの傷よ
 これで怪我とかしてないの? まったく..運頼りかしら?」

結構酷く言われながら..あちこちのサイズを測って..
2日後には新しい装備を作ってくれるって事になったの

で..2日間は魔法の勉強と..
追い剥ぎグループみたいなの糧にして..

できたのが..この装備よ!
2021082205

防具は急所に当たる部分を鉄..他が革製のものだったわ
不思議な事に! 着ても全然動き難くならないの!
重さは少しあるけど..他は普通の服を着ているのと変わらない!

「装甲部分は丸みを持たせて相手の攻撃を滑らせる工夫をしているわ
 露出部分がないので..防御が苦手でも安心ね」

武器の方は見た事もない形状の剣..
先端が重く..全体的に湾曲しているデザインなの..
これも握るとしっくりくる!

「グリップを手に合わせているからよ
 これは力で叩き切る事をメインした武器なの
 先端にいくほど重くなるので..
 振り回す力に比例して威力が増す構造よ
 打撃の衝撃を抜けるように作ってあるから
 かなり丈夫で使い勝手がいいはずよ」

想像以上だったわ!
この武器と防具があれば! 怖い物なしね!

興奮する私に..エイドリアンは少し表情を暗くして

「こういうこと言っちゃあれだけど..
 剣技を少し学んだ方がいいと思うわ 
 今までは幸運が守ってくれていたようだけど
 貴方の戦い方は...近いうちに命を落とすわよ」

(ワシ様も同じ意見じゃ...
 力任せと回復頼りだけでは..心許ないの)
「解ったわよ..とは言っても..」

「もし良かったら..剣術が得意な人を紹介してもいいわよ?」
「できるなら...」

「ちょっといいかな? 
 あんた..「山賊狩りのイェカテリーナ」さん?」

後ろから声を掛けて振り返ると..見知らぬ青年だった

「あ..俺は配達人でね..あんたに..手紙を預かってるんだ」

手紙? この世界に私の知り合いがいるとは思えないんだけど?

「差出人は..をを! なんと! ファルクリースの首長様だ!」

ファルクリース? ファルクリースは私の生まれ故郷よ!
そこの首長は..デンジェール様! 領民に慕われている良い領主様よ!

「デンジェール様が? 私に手紙?」
「デンジェール? ああ..それは先代だよ
 今は甥のシドゲイル様だよ..放蕩好きで困りものだけどね」

...私の故郷が..私の生まれ故郷の領主が..放蕩者?

「じゃあ..確かに手紙は届けたよ?」

「あ..はい..ご苦労様」

半ば呆けながら..手紙を見ると...

2021082207

「私の名声を聞いて会てみたい? 騎士としての地位を用意する?」

(ん...どうにも胡散臭いの?
 そもそも脳筋の阿呆な小娘の..どこに名声があるというのじゃ?)
「否定はしないけど! ムカつく言い方しないで!」
(否定せいよ..まあいいがの..で..どうする?)
「どうするって言われても」

「行ってみたらいいんじゃない?」とエイドリアン

「早馬車で行けば..1日くらいだし
 偉いさんにコネができるのは悪くないと思うわよ」

とりあえずホワイトランからファルクリースまで..
早馬車で移動して...

2021082208

2021082209

とりあえず首長の屋敷に向かったわ
放蕩者と聞いてたけど...意外と中は質素ね

「をを! よく来てくれた! 俺がシドゲイルだ!」

2021082210

思ってたより..遙かに若い男だったわ

「聞いていたよりも華奢で..
 いやいや! なかなかの美人だ! 驚いた!
 いやいや..高名な山賊狩り様に会えるなんて! 
 こんな嬉しいことはないな!」

「なんかお調子者って感じね」
(油断するな..こやつ..目が笑っておらん)
「切れ者ってこと?」
(いや..ただの阿呆かもしれん)

「シドゲイル様..この度は..」
と膝をつこうとしたところで...

「ああ..そんな堅苦しいのはいらん
 どうせ敬意なんてないだろうにな
 それよりもひとつ頼まれてほしいことがある」

「頼み..ですか?」

「ああ..これは首長シドゲイルではなく
 シドゲイル個人として友人に頼みたいのだ」

友人? 初対面なのに? どういうこと?

(つまり..ふたりの間で内緒の頼みということじゃ)

「実は山賊団を始末してほしい..ひとり残らず」
「ひとり残らず」
「そう..皆殺しにしてほしい..できるか?」

2021082211

 <続く>

 ということで..今回はここまでにしておきます
 想定以上に..長くなってしまいました



スポンサーサイト



テーマ:Skyrim - ジャンル:ゲーム


コメント
ご無沙汰しております
紅子さんお元気そうでよかったです、さすがです!
久々にというレベルじゃないくらいの時間が経ってのinです( ・ω ・) ゃぁ~・・・
ボリュームありすぎるだよ・・・FF14。
また覗きにきます。




あ スカイリムの装備、かなり自分の好みに刺さってます。
[2021/08/22 19:41] URL | ricital #- [ 編集 ]


キャラが美男美女……いいなぁ~v-394
[2021/08/22 22:36] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


日産プレサージュ・・・(´・ω・`)

と変換してしまうので

サージュになって助かった!
[2021/08/23 19:21] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>ricitaさん
 お久しぶりです...お元気そうで何よりです
 FFシリーズはやったことがないのですが...
 大人気の作品ですからね..丁寧に作られているかと
 MODで追加した装備なので..デザインが良いのです
 
>瑠璃月さん
 男性キャラは2個くらいのMODでイケメンになります
 女性は..あれこれ必要ですが..入門にはいいですね
 そのうち..見た目よりもシステムを弄り出すので..
 魔法の習得も時間をかけないとできないようにしました
 
>梁さん
 名前が長い..というほどでもないのですけど...
 短く呼び合っている方が..親近感も出てくるので..
 日産プレサージュ...なるほど時代は日産ですね!
 紅子の世代だと..ダットサンなんですけどねぇ

[2021/08/23 22:30] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/3251-095e4329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY