日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


閉じられた世界は美しい
ようやく週末ですね
今週末も親様が入院継続なので
ゆったり原稿が書きすすめられそうです
早く推敲終わらせて..新作に取り掛かりたいんですよね

さて...
ソロ生活になると..色々と驚く事がありますね
食費が3分の1になったり..
ゴミの量が2割くらいになったり...
紅子は案外と慎ましい人間なのかもしれません
これからは紅子・ザ・隠者とでも名乗ろうかな

そんなこんなで...
隠者というよりは愚者..しかも引き籠りがち
なんて言われそうですけど..
紅子が引き籠るのは..休日だけです!
言うなれば! ぷち籠り! 
本場風の発音なら..プゥティ・クォヌォゥリ!
っていうか食料の買い出しくらい行くから!

それはともかく...
紅子はあまり本を読まないノベリストです
最近はミステリィを中心に読んでいますが...
基本的に..本に対しては貪欲だったりします
『赤毛のアン』や『シャーロックホームズ』も好きだし
クリスティも..ちょこちょこ齧ります
冒険活劇物も好きなので..面白い作品に出会うと嬉しくなります
をっと..ホラーやオカルトだって嗜みますよ
現代の若者の必須読本のひとつ..『クトゥルフ』だって読みました
チャウグナー・ファウグンとか好きですね!

それはそうと...
どんな物語でも..やはり楽しいです
紅子はプロ作家さん以外の作品は..滅多に読みません
数年に1作品くらいかな..
それでも読んだ作品は基本的に..楽しい良作だったと感じます
とっても肯定的なタイプの読者です
昔は否定的な読み方をしていたんですけど..
色々あって..変わりました
ちなみにアニメや漫画も見れば..良作になります
おそらく..虚構の世界を楽しめる性分なんでしょうね

それはさておき..
そんな紅子でも..途中で読むのを諦めた作品があります
『我が闘争』を頑張って読み終えた..しかもそこそこ楽しかった
という紅子ですら苦手な物はいかなる物なのか!
ネタ不足の昨今..大公開しようじゃぁないか!
誰も求めてないけどな!
っていうか..
この日記って世界のニーズから最も遠いところにいますよね
地球とガミラス星くらい離れている感じじゃぁないかな

そんなわけで...
まず絶対にダメなのが..生理的に読めない作品です
作品名は言いませんが..
実は句読点の打ち方が..
紅子の標準と大きく違う作品がとってもダメです
2ページくらいで..すっごいストレスを感じてくる
内容とかそっちのけで..「なんでここに句点なんだよ」
...ってそればっかり気になるんです
今まで数点そういう作品がありましたが..
これは多分..物語以前の相性だと思っています
書かれた作者様には..本当に申し訳なく思っていますが

それはそれとして...
もうひとつが..約束を破る作品です
物語には大前提となる約束があります
これを途中で作り手の視点だけで変えてしまう
こういう作品が..もうね...がっかりして読めません
約束の範疇ですが..
例えば
「幽波紋(スタンド)はひとり一体の約束だが群体のが出てきた」..とか
「遠距離操作の幽波紋(スタンド)なのに緻密な動きをする」..とか
こういうのは全然大丈夫..ルール内の個性でしょう
「銃弾を確実に当てられる能力は因果律をコントロールしているので
 1億分の1でも確率が残っていれば絶対に成功する」
これも..すげぇ強引感はありますけど..大丈夫です

それにしても...
紅子がどうしても許せなかったのは..ある連作短編ミステリーです
1つ目が密室物で..施錠された部屋から物が盗まれる話でした
主人公達はトリックを暴いて..無事に解決しまう
しかし2つ目の話は冒頭でゲストキャラクターが消えてしまいます
なんと彼は吸血鬼で..身体を蒸気にする事ができたんです
そこから話が進んでいくのですが..その前にです
その物語の世界では悪魔や吸血鬼が普通に存在するらしいのです
..ん? じゃあ最初の密室って意味ないんじゃね?
悪魔の力で引き寄せたとか..吸血鬼が水蒸気になって侵入したとか
それで終わりじゃね? 
買った短編集がシリーズ物の外伝だったらしく
基本的な知識が欠落していたのは..不勉強でしたが
そんな世界なら密室という前提が破綻していませんか!
神秘の力で魔物を寄せ付けないとかそういう前置きがあれば許せたんですけど
こういう破綻した物語がダメなんですよね
書かれた作者様には..本当に申し訳なく思っていますが
お金を払った紅子にも申し訳なく思って欲しい

スポンサーサイト


コメント

純文学が苦手ですv-393
[2017/03/10 22:27] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


なんかミステリーなのにその世界の因果律を根本からくずしてしまう設定だったら、その設定でなんでもありってことになっちゃうから、もうどうでもよくね?って感じですね。 なんだその吸血鬼ってwww
[2017/03/11 08:46] URL | erte #tHPzONPw [ 編集 ]


ハーミットパープル・ベニィ

ということか!
[2017/03/11 09:04] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>瑠璃月さん
 純文学...具体的にどれを指すのか解りませんが
 宮沢賢治は何冊か読みました..感想は..ん..
 紅子って脳がお粗末なので..娯楽小説しか解りません
 数年に1回は..読むようにはすると思いますが..
 
>erteさん
 密室ミステリーが面白かっただけに..残念至極でした
 話の冒頭で主人公が目を離した一瞬の隙にゲストが消えた
 正直..これは手強い謎だと思ったら..吸血鬼って..
 次が悪魔の出てくる話だったかな..あまり覚えてないです
 
>梁さん
 念写という便利な能力を持つスタンド..だったんですけど
 なんとなく使えないイメージのあるスタンドになりました
 使い手のスペックで..なんとかなっていた感じですかね
 あれと飛び道具組み合わせると..吸血鬼でないと詰みます
 
[2017/03/11 23:38] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1742-8faef209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY