日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


うろ覚えで申し訳ありません! その8
11月に健康診断があります
健康診断とは皆さんご存知の通り...
それから約1年間のオフィシャルな体重が決まる日!
ダイエットを頑張らねばと思います!

さて...
もちろん智略の紅子..
何の策もなくダイエットに挑むはずがない!
万が一...許容できる体重まで落ちなかった場合には
健康診断の日程を後ろに下げるつもりです!
ふふふ..自分が怖くなるくらいの策士ぶり!

そんなこんなで...
あの夜の激闘から早3日...
足を破壊されたシンデレラは自宅療養を続けていました
「シンデレラ様..容態は如何ですかな?」
ブードゥーの呪術師が見舞いにやってきました
手にはカボチャ頭らから預かった見舞いのフルーツを持っています
「それにしてもすごい有り様ですな」
屋根裏にあるシンデレラの部屋に入ると思わず声を漏らしました
ベッドの周りには山のように本が置かれていました
「姉様方が退屈だろうと差し入れてくれたのだがな」
溜息をつきます
無理も有りません
どれもBLとショタ本ばかりなのです
「正直なところ理解できん..気遣いだけはありがたいがな」
「シンデレラには早く治ってもらわないと困りますわ」
「困りますわ..家事と本の買い出しをしてもらわないと」
今朝もふたりは騒いでいました
「母上様の呪力があればあっという間に回復するでしょうに」
「己の未熟さによる怪我の面倒はみないそうだ
 とは言え..大分良くなってはきている」
ベッドから身体を起こしました
まだ痛みがありますが...なんとか立てるまでにはなりました
「をを...流石はシンデレラ様ですな」
「ところで..お前はどうするつもりだ?」
 
そんなわけで...
シンデレラが問うたのはブードゥーの呪術師にではありません
窓から黒ずくめの男...ネズミが姿を見せました
「我らの想いを背負ったのは他ならぬシンデレラであろう
 であればその行く末を見守るのが我らの定めとなる」
「しかし..今のままでは国王アーレスを止める事はできんぞ」
「ならできる方法を考えろ..それもお前の仕事だ」
「やれやれ...怪我人に厄介を押しつけてくれる」
シンデレラが大きく溜息をこぼしました
と..そこで..ドアの呼び鈴が鳴りました
「来客だな..流石に怪我人を動かすのは忍びない
 私が見てこよう」
ネズミが部屋を後にします
「ブードゥーの呪術師よ..お前はどうする?」
「全ては主であるシンデレラ様の御心のままに」
「助かるな..お前のほどの呪術師が近くにいてくれるのは心強い限りだ」
「大変だぞ...シンデレラ」
ネズミが戻ってきました
少し焦っているのが解ります
「王子だ..関節王子が尋ねてきた」

それはさておき...
シンデレラが杖をつきながら玄関口に出ると
武装した十数人の兵を連れた王子がいました
その顔は包帯でぐるぐる巻きにされていますが
大きく腫れあがっているのが解ります
「何用だ?」
端的に尋ねるシンデレラに王子が答えます
「人を探している...数日前の武道会に来た娘だ
 名はシンデレラ」
「聞かぬ名だ...ここにはいない帰るがいい」
「今は怪我で目がロクに見えぬ状態だ
 それに..耳鳴りが酷く声の差も解らない
 だからあの娘の手掛かりはひとつしかない」
そう言いながら右手をつきだしました
「足を出せ...全ての感覚が狂った今でも
 ガラス細工の様に繊細な...まるでガラスの靴の様な
 あの感触だけは覚えている」
「変態か? 何故お前に足を触らせねばならん」
「断るのであれば...こちらにも考えがある」
「ほう」
シンデレラが目を細めます
兵士達に緊張が走りました..しかし
「お前が足を出すまで毎日通わせてもらう」
「それは迷惑だな..いいだろう」
シンデレラの足に触れると王子は驚きの声を上げました
「こ..この感触は間違いない! あの時の娘だ!」
「でどうする? 再戦でもするか?」
「いや...あの勝負は私の負けだった..そのくらいは解る
 シンデレラよ..素敵なレディよ..私の妻になって欲しい」

それはともかく...
「構わんぞ」
歓喜の声を上げかけた王子でしたが
「ただし条件がひとつある」
「いいだろう..言ってくれ」
「国王アーレスは武力を整え...他国に攻め入ろうとしていると聞くが?」
「ち..父は戦いに取り憑かれた狂王だ..常に戦乱を求めている」
「しかし戦を望む民草はいない..無用な戦は止めさせろ」
「む..無茶だ..父が言葉くらいで止まるものか」
「そうか...なら仕方ないな」
シンデレラはふうっと重い息を吐きました
「ではこのシンデレラとアーレスが会見できるよう場を設けろ」
「あ..会ってどうするというのだ」
「私がこの拳で諭す!」
「それこそ...無謀な...」
関節王子はただ驚くばかりの王子に..シンデレラは可愛く微笑みます
「無謀がとうかは..叩き伏せてからだ..とにかく私の条件は飲んでもらうぞ」
「いや..残念だが..王に会う事はできない
 今..王は次の戦の準備で多忙を極めている」
「まったく役に立たん王子様だな..ならば仕方ない..
 道理が通らぬなら..力で押し通るまでだ
 王がどこにいるかくらいは知っているな」
「そのくらいなら..いや..それを知ってどうする?」
「このシンデレラ自らが会いに行く!」
「馬鹿を言うな! 王の居城は十二魔将と呼ばれる側近達の呪力結界で護られている
 許可のない者は近付く事すらできない」
「なら..その十二魔将とかいう恥ずかしい肩書きの連中を排除すればいいのであろ」
シンデレラは事も無げに言い切りました
「ブードゥーの呪術師よ! ネズミよ! 行くぞ!」
「御意」
「承知」
シンデレラの後ろにふたりが続きます
「まずはカボチャの馬車を調達する!」
ふとシンデレラが足を止めました
呆然としている王子を振り返ります
「お前はどうする? ここで立たねば..生涯父王の影に怯える事になるぞ」
「しかし..いや..そこまで言うなら勝算があるんだろうな?」
「愚問! 勝算ある勝負を望む者は真の呪術師にあらず!」
シンデレラの乙女らしい発言に..関節王子は思わず笑ってしまいました
「無茶に無謀を重ねるか..それはある意味魅力的な生き方だ
 この関節王子! 生涯に1度くらいその遊びに付き合うのも悪くはあるまい!」
こうしてシンデレラ一行は...狂王アーレスとの戦いに挑む事になりました
それはまた別のお話です
 
それはそれとして....
ん..こんな話だった気がしますけど...
まあ..こういうのって時代によって..微妙に変わりますからね
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
健康診断
日程を後ろに下げたら体重は減るのかなぁ~?
増えることはないのかなぁ~v-397
[2016/09/28 22:34] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


毎日カレーだねv-10
[2016/09/28 23:01] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

こんばんは、藤堂司です(^-^)
健康診断まであと一ヶ月!頑張ってください♪
私は体重計に毎日乗ることが重要だと思いました。数ヵ月に一回だったときは、もう手遅れになっていました(+_+)
[2016/09/29 00:07] URL | 藤堂司 #sn7Ks0Ls [ 編集 ]


健康診断って、最重要項目は、「体重」なのかなぁ?w
とりあえず、人それぞれという事で・・・(^^;)
[2016/09/29 00:37] URL | ポテチG♯ #- [ 編集 ]


おぉ、シンデレラって武闘派でお王子と戦いにいくという設定だったのか!  うーむ、知らなかったw

第一部終りって感じですかねwwww
[2016/09/29 05:59] URL | erte #tHPzONPw [ 編集 ]


紅子さんのお話やっぱおもしろいわw
[2016/09/29 18:16] URL | りしたる #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>瑠璃月さん
 基本的に目標を設定すれば..大丈夫な感じです
 まあ..そういう性分の人間というだけですが...
 よしんば増えたとしても..更に後ろに回せば..
 なんら問題ありません! 無限の時間があるので!
 
>梁さん
 親様が退院してきてから..カレーが増えました
 レトルトが便利だし...好物だしで..ついつい
 カレーは意外と太るので...注意しないと..
 明日は帰宅が遅いのでカレーになるのは必須ですが
 
>藤堂司さん
 ありがとうございます...頑張っちゃいますよ!
 毎日体重を量るのは...ダイエットの基本ですね!
 紅子も...ここしばらく乗ってなかったので...
 えらい状態になっていたんです..気をつけないと
 
>ポテチG♯さん
 いやいやいや...体重以外に何も調べてないですよね?
 あ..あと視力も気にしています..1.5と2.0では
 やっぱり聞いた印象が変わるので..2.0を狙う感じで
 胃とかは..腫瘍が見つかるので..ガッカリですけど
 
>erteさん
 紅子の記憶が確かなら! そんな話だったはずですよ!
 ま..まあ時代によって微妙に差異がありますけど..
 12魔将とか書いてたらエンドレスになりそうなので..
 まあ..機会があれば次は浦島太郎をうろ覚えで...
 
>りしたるさん
 ありがとうございます..適当に書き殴りましたけど
 こういうのは楽しいですね..ノベルじゃなので..
 あれこれ気を遣わなくていいし..ささっと書けます
 たまには..こういうのもアリって事にしておきます
 
[2016/09/30 00:08] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1579-06c096cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY