日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


うろ覚えで申し訳ありません! その7
『エウロパ』で水の噴出が観測されたというニュースを見ました
生命が存在するのか? 宇宙人がいるのか?
後者はちょっと飛躍しすぎですが..
この場合...エウロパ人になるのか木星人になるのか
木星帰りのニュータイプになるのか
ちょっと気になりますね
 
さて...
実際に木星人がいた場合に備えて
紅子もリリカル☆ローキックに磨きを掛けておきます
木星人対バカ..あると思います!
 
それはさておき...
シンデレラの右足を取った関節王子は..
そのまま捻って関節を外しました
ごきゅりという手応えに満面となって
「いい感触だよ..実にいい! 君は最高のレディだ!」
しかし..その笑みは直後に凍りつきました
関節を外された痛みにめげる事もなく
シンデレラの手が胸倉を掴んだのです
関節王子があっと思った時には既に遅く
その鼻面にシンデレラが容赦ない頭突きを叩き込みました
顔面がへしゃげ..鮮血が飛び散ります
「ぐべぇ」と無様な悲鳴を漏らしたところに更にもう一撃
脳の奥まで砕けそうな衝撃に王子は..
掴んでいた足を放し距離を取ろうととしますが...
「待てよ王子様..遠慮はいらないぜ」
ぐっと引き寄せて三度目の頭突きを見舞います

それはともかく...
常人の5倍と言われるシンデレラの腕力に
王子はとても叶いません
4発目の頭突きを受けて地面に転がりました
視界は赤く染まり..頭蓋骨の中はぐわんぐわんと音が反響しています
自由にならない身体を動かして懸命に逃げようとします
しかし...片足を痛めているとはいえ...
シンデレラの速度に及ぶ物ではありませんでした
「起こりが見えないなら..一撃を受けるのは我慢するしかない
 どこに攻撃が来るかさえ解っていれば..覚悟でダメージを封じられる
 と説明したところで聞こえないか」
もぞもぞと地面を這っている王子の前に回ると...
渾身の右フックを打ち込みます

そんなわけで....
王子は死を覚悟して目を固く閉じました
それが精一杯の防御でした
しかし..その一撃はやってきません
恐る恐る目蓋を開けると..
シンデレラの拳は頬を数ミリ手前で止まっていました
「ひぃぃぃぃ!」と悲鳴を上げる王子に..
シンデレラはちょっと残念そうに言います
「ちっ! このクソ野郎...運があったようだな」
血みどろの顔でただ呆然とする王子に...
シンデレラが時計塔を指し示します
「零時だ...仕留めきれなかった..お前の勝ちだ」
くるりと踵を返し..右足を引きずりながら去っていくシンデレラに..
関節王子は慌てて声を掛けます
「ま..待ってくれ」
ですが..シンデレラは止まりません
「午前零時....魔法が切れるにはいい時間だ」
バランスを崩して倒れそうになるシンデレラを
ネズミとブードゥーの呪術師が咄嗟に支えます
恐怖のあまり王子は無意識に力を入れていました
シンデレラの足首は破壊され..靭帯も損傷
ダメージは膝にまで至る状態でした

それはそうと...
「待ってくれ...せめて名前だけでも」
追いすがろうにも...満足に動けない王子は...
なんとかそれだけを告げます
ですが..シンデレラは背を向けたまま
「このシンデレラ! 最早ただの敗者にすぎん! 名を残すには値せぬ!」
とだけ残して...仲間に支えられながら去って行きました
「まさに武人か」
そう呟くと王子の意識も闇の中に滑り落ちていきました

それはそれとして...
いよいよ..明日で最終回です!
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
生命
ロマンですよね。
生きているうちに発見……は無理だろうなぁ~v-409
[2016/09/27 22:26] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


シンデレラは武闘派だったのか! うーむ、ガラスの靴はおいていかなかったのか
[2016/09/28 06:12] URL | erte #tHPzONPw [ 編集 ]


流石にバクテリア程度のものしかいないと思うけど・・・
[2016/09/28 19:51] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>瑠璃月さん
 生命体のレベルにもよる..とは思うんですけどね
 仮に現代人類並の文明を持つ生命体との接触となると
 おそらくは気が遠くなるくらいの未来でないと...
 宇宙というのは意外なくらい人口密度が低いので..
 
>erteさん
 ガラスの靴で格闘は..流石に無理があると思います
 っていうか...ガラスとか履くの怖くないですか?
 躓いて割れでもしたら...破片とかどうなるか!
 まあ踵落するなら威力倍増兵器になるでしょうけど
 
>梁さん
 なんか火星でも..そのレベルの生物がいたとか..
 意思疎通できるくらいの生命体が..いいですよね
 あまり外見が人間ぽいと..ありがたみがないので
 その辺りは..ちゃんとして欲しいところではあります
 
[2016/09/28 23:55] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1578-f7e6eafa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY