日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


うろ覚えで申し訳ありません! その6
昨日の夜は久しぶりに総合格闘技を見ていました
やっぱり熱いですね
紅子は腕っ節が残念至極なので...
やっぱり強い人には憧れちゃいますよ
 
さて...
昨日の夕方くらいから..
いきなり両手が筋肉痛になりました
握力が抜けて..雑誌すら上手く持てない有り様!
今朝も少し痛みが残っていますが...
別段..筋力使う様な事してないんですけどね
 
それはさておき...
これは多分..
紅子が熟睡中に襲ってきた死神に握撃を仕掛けたか
紅子が熟睡中に襲ってきた悪霊にストマッククローを決めたか
どちらかだとは思うんですけどね
ちなみに...アイアンクロー系の技は地味なのに痛くて嫌いです
 
そんなこんなで...
自由にならない左手を庇いながら...
シンデレラはじりじりと間合いを開けます
「素敵なレディ..どうして逃げるんだい?
 それだと君の拳は届かないよ? ひょっとして怖いのかい?」
挑発をシンデレラは捨て置き..更に後ろへ下がります
「安っぽい手には乗らないか..でも逃げてばかりじゃダメだよ」
言いながら..シンデレラの後方を指さします
ちらりとシンデレラが目をやると巨大な時計塔が見えました
「君は途中参加のようだから知らないだろうけど
 今日のゲームは午前零時までと決まっているんだ
 タイムアップになれば..僕はまた別の機会に伴侶を探す事になる」
「お前の嫁の座などどうでもいいが..負けるのは気に食わないな」
ふうっと息を吐くと..後退をストップ
軽くステップを始めます
 
そんなわけで...
「アニキ...さっき..あの王子とやらは無造作に近付いて
 姐さんの手を掴んだように見えやしたよ」
「私もそう感じた..あのシンデレラ様がそんな隙を見せるとは
 考えられない...何かトリックがあるはずだ」
「その秘密は奴の動きにある」
背後からの声に振り返るとネズミでした
「ネズミ! 生きていたのか?」
「正直なところ涅槃が見えた」
シンデレラ母の呪術で回復されたとは言え..足元がまだふらついています
「あの王子は特殊な動きを会得している..起こりがないのだ」
「起こり..でやんすか?」
「攻撃に移る際の予備動作だ..目の動きや呼吸..筋肉や呪力の流れ..
 シンデレラほどの強者になれば...それらを瞬時に察して敵の行動を予測する
 これは半ば無意識の反応だ..あの王子という奴にはそれがない」
「つまり..シンデレラ様には王子が歩くという自然な動きから...
 攻撃に移る瞬間が見えないということですな」

それはともかく...
「なるほど..体重の移し方が違うのだな」
 シンデレラのひと言に..関節王子が微かに目を細めました
「お前は特殊な体重移動により..
 呪術師が無意識で行う攻撃予想の裏をついている」
「ほう..この数秒でそれを見抜くとは..なかなかやるね」
「言葉にすると単純だが..これは難敵だ...しかも」
自由にならない左手をちらりと見やり
「関節王子の名は伊達ではない..文字通り触れるだけの一瞬があれば
 簡単に相手の関節を外してしまう」
「タネが解っても..対処はできないかな」
「確かに難しいな..だが!」
シンデレラは大きくステップインすると..ハイキックを放ちました
咄嗟に身を低くした関節王子の頭部を掠めます

それはそうと...
「むむ」
王子が呻きました
掠っただけにも関わらず...ふらつくほどの威力でした
「これは..食らったら終わりだな」
シンデレラは次々とく蹴りを放ちます
関節王子は防戦一方...攻守は完全に逆転です
「姐さんが押してやすよ!」
「確かに蹴りなら王子の呪術の射程外から攻撃できるが」
「しかし..これは下策だ」
「レディ..見事な連続蹴りだね..でも!」
シンデレラのミドルキックを避けると同時に...
関節王子の手がその細い足首を掴みました
「ほら..捕まえた」
実に嬉しそうな表情になりながら...
「まるでガラス細工のようだ..壊してしまうのが惜しいくらいだよ」
言葉とは裏腹に..関節王子は一分の迷いもなく捻りを加えました

それはそれとして...
まさか週を跨ぐなんて..世の中解りませんよね
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント

筋肉痛になったのは、寝方がわるかったのかなぁ。 なにかがないと筋肉痛にならないとおもうのですけどね。 

ところで関節王子はひねったけど、するっと義手義足でぬけられてしまったという落ちではないですよね?
[2016/09/26 21:53] URL | erte #tHPzONPw [ 編集 ]

総合格闘技
ちょっと見てやめました。
やっぱプロレスの方が好きですv-392
[2016/09/26 22:36] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


両手の筋肉痛は、キーボードの打ち過ぎとか(・・?
シンデレラのお話しも、ロングバージョンに突入されていますし^^;
文字数のリミッターを超えていらっしゃるかも?・・(^^;)
(でも、気にされずに限界越えで、お願いしますw)
[2016/09/26 23:59] URL | ポテチG♯ #- [ 編集 ]


瑠璃さんに逆十字決められていたのですよv-12
[2016/09/27 20:30] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>erteさん
 紅子は絶望的に寝相の悪い人間ではありますが...
 それなら起きた時から痛くなるような気がします
 夕方..その瞬間までは普通に過ごしてたんですよ
 流石にそれはずるい..伏線もないですし...
 
>瑠璃月さん
 プロレスはエンターテイメントなので分野が..
 紅子もロック様全盛期の番組は好きでしたけど..
 やっぱりピープルズエルボーは至高の技ですね!
 年末もやるみたいなので..楽しみにしています
 
>ポテチG♯さん
 最近は家事であまり時間は割けませんが...
 調子のいい時は5~6時間くらい叩いているので
 限界までいかない..はずなんですけど...
 だらだら書いてきたお話も明日で完結予定です
 
>梁さん
 意義アリ! その推理には大きな矛盾があります!
 そもそもその方は..極度なM嗜好の人間です!
 関節技をかけるより..掛けられて悦にひたるはず!
 そもそもこの紅子は関節対策万全! 即タップです!
 
[2016/09/27 23:36] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1577-50fe7192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY