日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


うろ覚えで申し訳ありません! その4
今日は..今日こそは!
日本橋(略称:じゃぱぶり)に寄るつもりです
面倒がってばかりとか若者らしくないですしね!

さて...
プラモの消耗品を買うつもりなのですが...
つい買い忘れがあったりするんですよね
紅子は記憶領域がカセットビジョン並みなので...
どうにも不安になります
外部記憶装置を利用...つまりメモを取るのもアリですが
買い物ごときで..メモを取ったら負けな気がするんです!
と言う事で! 今日も直感頼りでショッピングだ!

そんなわけで...
正面のソドム(長女)と背面のゴモラ(次女)は...
互いに隙を補う形で攻撃を重ねてきます
その体躯通り大ぶりな打撃ですが...反撃の間がありません
シンデレラにも焦りが浮かびます
「こちらの射程内に入らなくては」
ソドム(長女)の凄まじい蹴りを掻い潜り...
間合いを詰めようとしますが...
ゴモラ(次女)が巨大な拳を打ちおろしてきました
咄嗟に跳んでかわすシンデレラでしたが...
その息は次第に乱れ始めています
「あらあらシンデレラ...そんなザマで大丈夫かしら?」
「大丈夫かしら? いつまで持つかしらね?」
「普段家事もしないくせに..やたら体力のある姉様達だ
 このままではいつか殺られる...サシの勝負に持ち込まねば」

それはともかく...
ソドム(長女)の凄まじい前蹴りをよけ..
ゴモラ(次女)の足払いをかわした時でした
音もなく...ソドム(長女)の背後に黒い影が忍び寄りました
ネズミのリーダーでした
腰の片刃直刀を抜くと..その分厚い背中に突き込みます
その切っ先が巨体を捉える寸前..
ソドム(長女)がその巨体からは想像できない速度で振りかえりました
刃は寸分違わず胸元に!
「む!」
まるで鋼の板を衝いたような感触に..ネズミは声を漏らしました
刃先は弾き返されてしまったのです
「あらあら..上手く呪力を隠して近付いても...
 そんなひ弱な一撃ではどうにもならないわ..残念ね」
ビンタ一閃...ネズミの身体は軽々と宙を舞いました
「残念だったのはお姉様の方だな」
シンデレラの言葉にソドム(長女)が慌てて体を返すと..
ゴモラ(次女)の巨体が地面に倒れていました
「バカな! あれだけの間にゴモラを倒したと言うの!」
直後シンデレラの渾身の右ストレートが...
ソドム(長女)を打ち抜きました
シンデレラの攻撃にソドム(長女)が耐えられるはずはありませんでした

そんなこんなで...
「我が娘ながら見事だわ...シンデレラ」
ゆらりと母親が近付きます
シンデレラはその圧倒的な呪力に気押されつつも
ファイティングポーズを取ります
ふたりの間でぶつかり合った呪力が...ぐにゅにゅと世界を歪め始めました
と..不意に母親が気を抜きます
「いいでしょう...シンデレラ...行きなさい
 行って王子を倒してきなさい」
「お母様?」
「今ここで私達が争えば..千日戦争になりかねない
 それこそ無意味だわ..それに」
足元に倒れたソドム(長女)とゴモラ(次女)を一瞥し
「可愛い娘の手当てもしないといけないしね..さあ行きなさい
 私の気が変わらない内にね」
その言葉に小さく一礼すると...シンデレラは踵を返して駆け出しました
 
それはさておき...
「これは一体?」
広間に入ったシンデレラが思わず口にしました
そこには多くの女性が倒れていました
意識を失っている者が半分..呻いている者が半分
「シンデレラ様!」
追いついてきたブードゥーの呪術師も..その惨状に声を失くします
「30人以上のの猛者が倒されている..幸い命に別状は...」
シンデレラは言葉を止めて..倒れているひとりに駆け寄ります
「ミランダ..どうした! なにがあった!」
友人のミランダです..しかし意識を失っていました
「ミランダは屈指の呪力を持つ強者...その力はソドム姉様に匹敵するとも」
とそこでシンデレラは気が付きました
ミランダをはじめ...倒れている女性達は四肢があらぬ方向に曲がっています
「折れている? いや..外されているのか」
「君はなかなかの使い手のようだね」
直ぐ背中からの声に..シンデレラは驚きて飛びのきます
「このシンデレラの背後を簡単にとるとは何者だ!」
「これは失礼...素敵なレディに自己紹介を忘れるなんて」
恭しく頭を下げたのは...純白のタキシードに身を包んだ青年でした
「今日の武道会の主催にして..クリストフェルと申します」
思わぬ相手に...シンデレラも驚いて尋ねます
「主催? お前が王子か!」
「そうですね...世には王子のふたつ名を持つ者が多くいますが
 僕のそのひとり..人呼んで関節王子」
「面白い名だな..ハンカチよりは使えそうだ..む..」
シンデレラが違和感を覚えて手を見ると..
ほっそりとした左手の小指が外側に大きく曲がっていまいた
「い! いつの間に!」
「これはこれは重ねて失礼をしてしまいました」
クリストフェルが先ほどよりも深く頭を下げます
「初対面の女性に対していきなり関節を外すなんて..
 批難されても申し開きできません..ご容赦ください」
そっと顔をあげると..柔和な笑みを作ります
「改めて宣言致しましょう
 ..レディ..貴方の四肢を外して差し上げましょう」
「気の利いた宣言だな..なら私はお前の顎を砕いてやると宣言しよう」
ごきゅりと指を戻すと..シンデレラは拳を構え間合いを計ります
 
それはそれとして....
なかなか収まらないですね
シンデレラって..こんなの登場人物多かったかな
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
関節王子
確かにハンカチ〇〇よりは使えそうだv-397
[2016/09/23 22:29] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


メモをとるのがいやなら、買い物いった時間にメールがとどくように設定しておいて、何を買うのか忘れた? はてなんだったか? そこにちょうどメールが! って具合なのはどうでしょ? これならメモとってないじぇwwwww 

シンデレラに、ゴーレムの名前、次にスパモの名前が! 登場人物がすごいw
[2016/09/24 10:22] URL | erte #tHPzONPw [ 編集 ]


MGニューガンダムHWS verKa

を買うのですね!
[2016/09/24 22:10] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>瑠璃月さん
 ハンカチ王子..最近..あまり聞かないですよね
 あれほどの人気があったのに..どうなんでしょう
 しかし..スポーツの世界は厳しいと思いますよ
 人気があっても..実力がないと消えてしまうんですから
 
>erteさん
 なるほど! メールと言うのはなかなか面白いですね
 ダイレクトメール以外が来るのは2年に1回の紅子でも
 それなら若者らしい気分を味わえますし! 虚しいかな
 名前は..半分くらい..すごく適当につけていたりします
 
>梁さん 
 買いませんでした! っていうか安売りしてたのを..
 つい買ってはしまったんですけど..本来であれば..
 プラモは買わないつもりだったんです..沢山あるので..
 MGは手を入れる楽しみが...あまりないんですよね
 
[2016/09/24 22:39] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1574-763903a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY