日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


うろ覚えで申し訳ありません! その1
今日明日と頑張れば...またお休みなわけですね
ということで! 少々夜更かししても大丈夫なはずだ

さて...
しまった..何事にも限度ってのがあったぜ
この紅子戦いの中で睡眠を忘れた..

それはさておき...
運命の出会いなんて単語がありますよね
サバンナの草原で...
腹を空かせたライオンにばったり出会った
これはもう運命を感じずにはいられませんよね
っていうか...サバンナの草原に着の身着のままで行くんじゃぁない!

それはともかく...
密林で空腹の虎にとか...荒れ地で飢えたディンゴの群れにとか
色々と運命を感じる出会いはありますが
我々のような文明圏でぬくぬくと怠惰に生きる人間にとっては
運命の出会いといえば...やっぱり素敵な異性をイメージしますよね
まあ..紅子の経験から言わせていただくと...
素敵な異性とやらの存在は..
ベッドの下の殺人鬼と同じくらいのレアリティですけど!

そんなこんなで...
現実に運命の出会いはないのですが...
物語では運命的な出会いが..色々とありますよね
その中でもメジャーな物と言えば...『シンデレラ』じゃないですか
誰でも知ってる話ですよね
とは言え...細かなところは微妙..うろ覚えになりますが..
こんな話...ですよね
 
それはそうと...
意地悪な母親と姉に苛められていたシンデレラ...
彼女はお城のイベントに行きたかったのですが..
姉達の意地悪のせいで家から出れない!
「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ!」
と怨嗟の声を上げていると...
それを聞きつけたブードゥーの呪術師がやってきます
「お前がシンデレラか...噂に違わぬ呪力よの... 
 だが当代随一と言われる私に勝てるかな! 
 さあ! お前の呪術と我が呪術! どちらが優れているか勝負だ!」
「いいだろう..このシンデレラ..如何なる挑戦でも受ける!」
「いくぞ! 小娘!」
魔術の詠唱に入る呪術師...しかしその一瞬の隙をついて...
シンデレラは高速の片足タックルでテイクダウン!
素早くマウントを取ると...トリトンパンチを容赦なく打ち込みます
※トリトンパンチ:『海のトリトン』のOPに沿って拳を落とすマウント技
 
そんなわけで...
2コーラス目に入ったところで...流石の呪術師もタップ
潔く負けを認めて...シンデレラの舎弟になりました
「それにしてもシンデレラ様ほどの御方が...
 このようなところで怨嗟の声をあげていたのはどういう事でしょう
 聞けば今日は城で王子様の相手を決める武道大会が行われているはず」
「そこよ..実は母君と姉上の策にはまり...
 この屋敷の掃除が終わるまで外に出れないのだ」
それを聞いた呪術師は不敵な笑みを浮かべました
「シンデレラ様...ここはこの私にお任せ願えませんか」
「この状況を打破する手があるのか?」
「は...ここは火計がよろしいかと」
呪術師はガソリンを家中に撒くと..チャッカマンで火を付けました
「これが我が呪術の冴えにございます」
「をを! 見事だ! これで家も綺麗さっぱり大掃除よ!」

それはさておき...
外に出たシンデレラ達...城に駆け出しますが..
「このまま歩いて行ったのでは...武道会に間に合わぬ!
 どうしたものか!」
「我が呪術は強力と言えど...時間を止めることはできません
 ならば移動する速度を上げるしかないのですが」
...と直ぐ脇を馬車が通りました
まるまると太った御者が..鞭を振っています
「どけどけ! 小娘が! ひき殺してしまうぞ!」
「をを! これは丁度いい...あの馬車に乗せてもらおう」
そう決めたシンデレラは御者に優しく声を掛けます
「おい! そこのカボチャ野郎!」
「あんだぁ...このイカれた小娘は! ガキは大人しく...」
シンデレラの超高速アッパーがカボチャ野郎の口上を顎ごと砕きました
悲鳴を上げて転がるカボチャ野郎の頭を踏みつけ...
シンデレラは遠慮がちに注意します
「口の利き方に気を付けるんだな...お粗末なカボチャ頭を潰して欲しいのか」
「は..はひぃ..ずいまぜんでじだぁ..なんでも言う事を聞きますがら助けてぐださい」
「いいだろう...では城までいってもらおうか」
こうしてカボチャの馬車を手に入れたシンデレラは...
意気揚々と城に向かう事になったのです
 
それはそれとして...
あらやだ...意外と収まらないものですね
続きはまた明日ってことで...
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
シンデレラ
原本はけっこう残酷だと聞いたことがありますv-399
[2016/09/20 22:32] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


ツンデレラ!?
[2016/09/20 23:18] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]


シンデレラ・コンプレックスってありましたけれど、
こちらのお話しからは、中身が変わってきそうですねw
[2016/09/20 23:54] URL | ポテチG♯ #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>瑠璃月さん
 少しですが...グロいシーンがあったりしますよ
 ガラスの靴に入るように..ふたりの姉が足を..
 切り落したりするんです..バレるんですけどね
 物凄くエグいのは..『白雪姫』だったりするんです
 
>梁さん
 もうね...デレが入ってるからなんでもいいですね
 ヤンデレでも..トンデレでも..ガンデレでも..
 紅子はプライベートでは素っ気ない人間ですが...
 シゴト中はとっても愛想が良く..とても気だるそうです
 
>ポテチG♯さん
 シンデレラ・コンプレックス..略すとシンコンですね!
 「いらっしゃぁい!」と言いながら..調べてみました
 世のもてない女性の言い訳が..具現化した妖怪ですかね
 理想のない世の中はつまらないですが..囚われるのはダメ
 
[2016/09/21 23:44] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1571-92b27fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY