日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


真実は常にひとつ!
今日は適正体重について掘り下げるつもりでしたが
そういう気分ではなくなってしまいました
あ...念のために言っておきますが...
昨日体重計ったら...増えていたから..ではないですよ!
そもそもオフィシャル体重は..健康診断時点の値になりますし
 
さて...
誤差ですよ! 日々の体重には誤差がありますし
量るのも機械ですからね!
「今日はちょっと多めにしておこう」とか普通にあるもんです!
 
それはそうと...
世の中はクリスマスムードですね
今年の紅子はクリスマスの日が仕事納めになります
もうね! 超楽しみじゃね? って感じで!
まさに! クリスマスと正月と盆が一緒にやってきた気分!
「修哲トリオ」が一斉にスライディングしてきたようなものです

それはさておき...
クリスマスと言えばサンタさんがソリに乗って押しかけて来る日です!
日本では馴染みのないトナカイさんが引いているんですよね!
しかし...サンタさんについてはちょっと気になるところがあるんです
『赤鼻のトナカイ』って歌がありますよね
この時期になると嫌でも街で流れている曲のひとつですが..
あの歌詞ってご存知ですか?
「真っ赤なお鼻の トナカイさんは..いつもみんなの笑い者
 でもその年のクリスマスの日..サンタのおじさんは言いました
 暗い夜道はぴかぴかの..お前の鼻が役に立つのさ
 いつも泣いてたトナカイさんは..今宵こそはと喜びました♪」
素敵な歌詞です
みんなの笑い者になっていたトナカイさんの良さを
サンタさんが気づいてあげたということですね
..いやいや..どう考えてもDisってるでしょ
「君! 鼻赤いね! 夜道で光るんじゃね?
 普段は何の役にも立たないお前でも..
 クリスマスは俺の手伝いくらいできるんじゃね?」
なんて事を言われたんですから..
で..泣いて喜ぶんですか? 
どこにご褒美要素があるの? Mなんですか..トナカイさん! 
 
それはそれとして..
ここは冷静に考えてみましょう..真実は常にひとつですから
まず歌詞を見る限り..サンタさんはトナカイさんの事を..
「お前」と呼称しています..
顔見知り以上の関係である事は明白..しかも上位にあたるようです
少し歌詞を戻して..トナカイさんは「みんな」の笑い者です
つまり..全員が彼を笑っていた事になりますね
サンタのおじさん以外と書かれてない点を鑑みれば...
サンタさんも...トナカイさんを笑い者にしていたということでしょう

そんなこんなで...
「暗い夜道はピカピカの...」の歌詞を見る限り
サンタさんはあまり夜目が利かなかったみたいですね
高齢だからかもしれませんが..
明りがないと周囲の状況が解らなかったのでしょう
そして...いつも泣いていたトナカイさんは....
今宵こそは..と喜ぶわけです
何を喜んだのでしょうか いつも笑い者にしてきたサンタさんの何を?

そんなわけで...
おそらくトナカイさんにとって..
サンタさんは絶対的支配者だったと想定されます
いつも泣かされていたという点から..その扱いは酷い物だったのでしょう
しかし...その絶対支配者はつい口を滑らせてしまいます
「最近..年のせいか..すっかり夜目が利かなくなったわい」
これを聞いて..トナカイさんは「今宵こそは」と決意するのです
誰もいない夜道で..トナカイさんは明りになっていた鼻をそっと隠します
突如視界が失われ..うろたえるサンタさん
それは恐ろしい支配者ではなく..弱い老人の姿でした
そして..トナカイさんは..隠し持っていたナイフで後ろから..
赤く染まった服を着て..冷たくなったサンタさんが発見されたのは
翌日の事だったそうです
引く者のいなくなったソリの上に横たわっていたそうですよ
犯人は誰なのか..それは..いえ..全てを話すのは無粋ですね
あくまで..遺されている歌をそのまま組み立てただけですから
 

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント

犯人は、ベニィだ!
[2015/12/22 22:39] URL | 梁さん #jtPXhW6Y [ 編集 ]

ナイフ
どこに隠し持ってたんだろう?
裸に見えて実は履いてたのかなv-405
[2015/12/22 23:10] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]


グリムっぽいな。
[2015/12/23 00:14] URL | recital (リサイタル) #EgNUYE9M [ 編集 ]


そういえば、私の会社の年配の人に、
「そろそろ、赤い服をクリーニングから、戻してもらった方が・・w」
と尋ねたところ、
「帽子の先っぽの白い球みたいなところが、取れかかっているから、
直してからね」と言われましたw

でも、あの服って、こんなエピソードがあったのですね(・・;)
[2015/12/23 01:36] URL | ポテチG♯ #- [ 編集 ]

真実は闇にあったのか!
「修哲トリオ」。よければ教えてw あと、梁さんに一票ね。
[2015/12/23 22:10] URL | ジャン #- [ 編集 ]


トナカイは用意周到ですねwwww
[2015/12/23 23:08] URL | erte #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>梁さん
 残念ですが..紅子には鉄壁のアリバイがあります
 日本においてクリスマスは恋人と過ごす日ですよ
 つまり..紅子も..それの風習にならって...
 あれ? アリバイがない..ど! どういう事だ!
 
>瑠璃月さん
 どんな温和な人でも..心の奥にナイフを持っています
 それを手にした時..人は過ちを犯してしまうのですよ
 さて..トナカイさんが全裸と考えるのは早計と思います
 トナカイさんが動物のトナカイではない可能性も考慮しないと

>recital (リサイタル)さん
 昔..グリム童話が恐い的な本が流行った記憶があります
 紅子も読んだ..はずなんですが..記憶が曖昧ですね
 っていうか..童話なんてかなり残酷な話も多いですから
 『カチカチ山』とか..えげつないにもほどがありますよ
 
>ポテチG♯さん
 サンタさんが衣装をクリーニングに出したら正体が..
 と思いましたが..街中の偽サンタさんも出しますよね
 なるほど..木を隠すには森というわけですか.. 
 流石サンタさん..無駄に長生きしていないという事ですね
 
>ジャンさん
 「修哲トリオ」は『キャプテン翼』に登場する初期ライバル
 修哲小学校のトッププレイヤー3人組みなんですよ!
 念の為に言っておきますが..紅子は犯人ではありません
 行方不明のトナカイさんが犯人です..もう死んでますけどね
 
>erteさん
 確かに..計画をきちんと立てたというところは解りますね
 ただ..紅子的に言わせると..ぶっちゃけ全然甘いです!
 犯罪で難しいのは..死体をどうするかという点なのです!
 紅子なら別の誰かが殺したように見せかけるのですけど..

[2015/12/24 01:04] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]

紅子さん
「修哲トリオ」お答えありがとうございます!
あと、犯人はトナカイだったんだwwww

それとね、この前の、白銀の猿丸大夫氏と女の子から始まり「....外れない」までの4枚。あれね、アングルが自然で素通りしちゃった。考えないで撮ったとしたら、あれこそビジュアルセンスの成せる業だよ。決してセンス皆無ではないよ。
[2015/12/24 23:05] URL | ジャン #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>ジャンさん
 修哲小のフィールドプレイヤーは4人いるんですけどね
 ビジュアルセンスあります? ..お世辞でも嬉しいですよ
 実際のところ写真は..20枚以上撮った感じです
 そこからピックアップしたので..奇跡の4枚なんです! 
 
[2015/12/24 23:57] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1297-b6a19e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY