日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


それこそがミステリィ!
今日はどうにも不調な感じでした
新作の設定をあれこれ考えていたのですが...
どうにも納得できないところが多いですね
プラモも..あまり上手く進まなかったし
 
さて...
ストーリーの方は..金曜の夕方に決まりました
いつもの通り..不意にシーンがいくつかフラッシュバックして
ささっと組み上がる感じでした
なかなか面白い仕上がりになりそうです
後はどこまでの閉鎖空間を作るかが..肝なんですけど
その調整が..なかなかしっくりこない感じです
 
それはともかく...
紅子の作品はミステリィを主軸にしています
初期の作品を知っておられる方は..伝奇系が好きだったはず
と思われているかもですが...こっそり宗旨替えしたのですよ
昔は..ミステリィに面白さを感じなかったのですが...
名作と呼ばれる作品に触れて..
もうね..一気にミステリィ好きになったんです!
 
それはそうと...
ミステリィはフェアな勝負でないとダメだと思っています
いつだったかテレビで..ミステリィ系の映画かドラマを見ていたのですが...
探偵がずばりと犯人を言い当てる..ラストシーンでの事です
名指しされた犯人が..「証拠があるのか!」
と定番の台詞を吐いたところ...
探偵は落ち着いた様子で..「実はこのナイフが川に...」
と血が付いたナイフを懐から出すんです!
どうやら事件が起きた日に..犯人が捨てるのを見て隠しておいたらしい!
...いやいや..証拠品をポケットに入れてだんまり決め込むなよ
もちろん..このシーンは映像化されていないので..視聴者もびっくりです!
でも..話はそれで収まらないんです
刑事さんが「しかし動機がない」と渋ると..
探偵は懐から一枚の紙を取り出し..
「これを見てください..彼の戸籍を取り寄せておきました」
なんと犯人と名指しされた人は..殺された人が捨てた女性の子供だったのです!
っていうか..個人情報をお取り寄せするな
こうして..動機も物証も明示され..犯人は観念するわけですが
もちろん..戸籍云々も視聴者には内緒の情報でしたよ
 
それはさておき...
ミステリィでこんな話を作ったら..どえらい非難が待っていますが
それはサスペンスだったので大丈夫でした
ミステリィは..犯人を特定できる情報は全て開示しておかなければいけない
という絶対ルールがあるんですね
そこを逆手に取った秀作もありますが..普通は何気ない会話や描写に
こっそりと隠しておくものだったりします
紅子は面白いミステリィを...
1度目でトリックを把握して..2度目でそれを上手く隠してある部分を楽しむ
という読み方..2度読んで味わう..をしています
 
それはそれとして....
ミステリィで最も工夫されるのが密室殺人です
しかし..現実に密室殺人が起こったなんてニュースは聞きませんよね
毎年..沢山の事件が起こっているはずです
大半が..ホントに馬鹿みたいな犯行だとは思いますが...
中にはミステリィマニアが..智恵を絞って..トリックを考え...
完全な密室殺人に仕立て上げた..みたいな物があってもいいと思いません?
 
そんなわけで...
ちょっと機会があったので..そんな話をそういう方面の知り合いに聞いた事があります
その方の話によると..実際の事件で密室殺人は起きないそうなんですよ
もちろん..犯行時に何らかの形で施錠され誰も立ち入れない状況になっていた
というケースがなっかたわけではないらしいのですが...
そんな事は誰も気にしないらしいんですよ
ちゃんとした物証などが揃えば..一切問題ないらしいのです
その人の言葉を借りるなら...
「犯人は密室状態の部屋に何らかの方法で侵入し殺害した
 もしくは殺害後に密室状態に見える細工をした」
というだけで問題ないそうです
 
そんなこんなで...
なんかそれを聞いて..酷くガッカリしましたよ
紅子はどうせ最期を迎えるなら..密室殺人でと思っていたんですけど
そもそも密室殺人を堪能できない現代って...
そのあり方自体に疑問を感じてしまいません?
密室殺人が問題視されない世界こそが..もうね..最大のミステリィですよ!
 

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント

「密室」がダメなら、「別室」やら「温室」やら、
いろいろ付けていけば、ストーリーは無限にあります。
あとは作者の腕次第ですねw
[2015/11/08 01:04] URL | ポテチG♯ #- [ 編集 ]


『殺された人が捨てた女性の子供だったのです!』
紅子のミステリーに、はまったww 殺された人が、捨てた女性…
その女性の子が容疑者。とすると、殺されたのはジジかババ(たぶん違うな)
密室殺人が問題視されないお話のほうは分かったw ほんとだ~と思った。
[2015/11/08 18:43] URL | ジャン #- [ 編集 ]


ミス・テリー!

あまり読まないんですよね
[2015/11/08 19:08] URL | 梁さん #vGDpyCw2 [ 編集 ]

密室殺人
一番に思い浮かぶのは……横溝正史の『本陣殺人事件』ですね。
雪が密室を作るというところが洒落てますv-392
[2015/11/08 23:05] URL | 瑠璃月 #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>ポテチG♯さん
 別室殺人というのは..メジャーな感じですね
 死体が状況的にありえない別の部屋で見るかるやつ
 ...というと..それっぽくなりませんか?
 紅子と言う残念な腕しかない作者ですから...
 
>ジャンさん
 書いてて..ややこしいなあと思ったんですが..
 読み直すと...やっぱりややこしい感じですね
 せっかく頑張って..密室を作り上げたのに..
 ちょっとは構って欲しいところですよ..やれやれ
 
>梁さん
 そもそも..テリーマンという名前は酷すぎませんか?
 紅子も全く読みませんでしたが..今は間逆な感じです
 ミステリィを中心に読んでいます..ラノベでも...
 ただ謎で話を引っ張るのはラノベではNGらしいですけど
 
>瑠璃月さん
 そのネタはパタリロでパロディになっていた気もします
 横溝正史先生の作品は..まだ読んだ事がありません
 クリスティをもう少し読んだら..次の大御所先生に..
 とは思っているんですが..いつになることやら..です
 
[2015/11/09 00:05] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


そうね、ミステリーはなんか最低限のルールがあるらしくて
めんどうみたいだすね。最後は犯人は本当のことをいわない
といけないとか... なるほどなぁっておもったけど書くほうは
まんどうだろうなぁって思いましたよw
[2015/11/10 07:32] URL | erte #- [ 編集 ]

コメントありがとうございます
>erteさん
 暗黙の了解みたいなルールが色々有りますね
 『アクロイド殺し』は..それで大騒ぎになりました
 ミステリィでなければ..セーフなところなので..
 最近は..ミステリィ風と称される作品が多いですね
 
[2015/11/11 00:16] URL | 紅子 #LOBB/U7s [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://benikosspaceship.blog.fc2.com/tb.php/1252-07576faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY