fc2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


01<<  2024.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


心からリスペクトさせて頂きたい!
色々と買ったゲームを放置して..
また「CK3」を遊んでいます
今回は..バイキングプレイです!
ということで! 
スカンジナビア半島の小部族から始めました
しかし..スカンジナビアにはスウェーデンがあります
気が付けば大帝国になっている..バグみたいな国です!

さて...
今回も気が付けば大きくなっていました
紅子が近隣の戦争を戦い抜き..
4つの伯爵領を保持する大部族になった頃には
40の伯爵領を支配下に置いてました!
おのれ! スウェーデン! 
これ以上の膨張は放置できんな!
ということで..素早く土下座外交開始!
スウェーデン王に..すり寄って..
5年掛けて個人的な友好関係を築きあげ..
「陛下! 双子の娘さんが生まれたんですか
 これは愛くるしい!
 紅子家にも3年前に息子が生まれまして
 今後の両家の繁栄を考えて..
 婚約なんていかがですか?
 大賛成ですか! さすがは陛下! 素晴らしい!」

そんなわけで...
今は周辺の豪族との戦争に明け暮れています!
独力では互角の相手でも! 怖くありません!
「ほう! 面白い! 抵抗するのか! 
 よく聞け! こっちはスウェーデンの王族だ!
 お前ら弱小なんぞ! 敵ではない!
 陛下! 援軍を! 援軍を! お願いします!」
5倍の兵力か..圧倒的ではないか..我が軍は!
自分でも最低だな..とは思ってます

それはそうと...
新しい事に..
どんどん挑戦していける人って凄いですよね!
紅子は基本的に防御型の人間なので..
そういう精神には憧れを感じてしまいます!
古今東西..今も昔も..
時代の勝利者となった英雄や豪傑には
こういうチャレンジャー精神が必須ですよね!
ぶっちゃけですけど! 
挑戦なくして! 大きな勝利はない!

そんなこんなで...
若い頃は無茶ができても..
ある程度..落ち着いてくると..
なかなかそうもいかないものです
ですが..逆に! 逆にですよ!
かなりの年齢を重ね..
安定した生活を確保したにも関わらず..
それを捨てて..大きく踏み出す事で..
更なる成功を手にした人を見ると..
紅子は心からリスペクトしてしまいます!

それはさておき...
今日の話ですが..当然諸説ありです
そこは前置きしておきます!
ということで! 歴史の偉人や英雄の中で!
新しい事に果敢に挑戦し! 
大きな栄光を手にした人物といえば!
誰を思い浮かべますか? 
色んな人が出てくると思います!
ですが! ですがですよ!
その中でトップクラスの存在といえば!!
ターボ婆様だと思うんです!

そんなこともあって...
ターボ婆様は..高速道路等で目撃される御老人です
車やバイクで進んでいると
後方から奇声を発しながら..
凄まじい速度で迫ってくるご婦人です!
紫色の顔で..なんと! 
裸足で走っているにも関わらず!
車やバイクを抜き去ってしまう! 
もうね! まさに! 老いてますます盛んな人です!

それはともかく...
所説ありですが..
ターボ婆様は...紫婆と呼ばれていました
ビジュアルは同じ..紫色の顔をした婆さんで..
夜道を歩いていると..追いかけてきたり..
家に入ると..座っていたりする..
言うなれば..ちょっぴりお茶目系老人ですね!
ぶっちゃけ..そこそこの知名度で..
それなりの地位があったんですよ
若い者がきゃーきゃーいうほど..ではないですけど
そこそこファンもいて...町中歩いてたら..
サインや握手を求められるくらいではあった

それはそれとして...
紫婆様も..いいお年です
あとは..老後をゆっくり過ごすだけのはずです!
それがですよ!
「今の自分で満足してるようではダメだ
 もっと今の若者にも愛される存在になろう!」
って一念発起したんですよ!
しかも! それで選んだのが! 
走ること..ですからね!
もちろん..元々追いかける脚力があったのは確かです
ですが! そこから! 車やバイクに追いつける
いや! 追い越すほどの脚力まで高めるには!
どれほどの鍛錬が必要だったと思いますか!
繰り返しますけど! もう老人ですからね!
普通なら..走るだけでも大変なのに!
おそらく..ですが
「この一歩は未来に繋がる一歩だ!
 ただひたすら前に! 愚直に速く..を繰り返すんだ!」
って感じで! それこそ! 
顔が紫色になるくらいの鍛錬を積んだんです!
走る車に追いつけず..涙した日もあるでしょう!
足がもつれて転倒し..呻いた日もあるでしょう!
それらを乗り越えて! ターボ婆様という存在にまで!
自分自身を高めたわけですよ!
もうね! リスペクトしかないじゃないですか!
もし! 会うことが叶えば!
握手して一緒に写真を撮らせて欲しい!
どんな苦難があっても..
駆け抜けていける強さを貰える気がするんですよ!
ん..なんか..柄にもなくいい話書いちゃったな


スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記



Design&Material By MOMO'S FACTORY