FC2ブログ
日常をまったり紡ぐ近未来的日記..紅子の世界全壊です!       週末はオリジナルラノベの更新もしています


12<<  2020.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

紅子 縁璃

Author:紅子 縁璃
座右の銘は常に笑顔!
極度の飽き性で移り気..
愛すべき小悪魔的性格です


カテゴリ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


最新コメント


最新記事


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新トラックバック


月別アーカイブ


乗船者数


ブロとも一覧


〇〇を聴いて寝落ちしました^^;

クラゲちゃんがゆく!

赤き月改

~想いのままに~

ゆったりまったり日記

春眠、暁に吼える。


QRコード

QR


各種リンク


許される事と許されない事がある!
久しぶりにマジックの話をしますね!
実は先週くらいに新しいブースターが出たんですよ
ゲーム内通貨でめちょめちょ買い漁りました

さて...
前回のブースターは軽くて嫌なクリーチャーが増え
速攻ウィニ―が強くなりました
今回はクリーチャー強化が増えて..
少しゲーム展開が遅くなりました!
ということで..ノークリーチャーで..
山札削るデッキが相対的に強くなった!
新しいカードはひとつも入ってないけど!
勝率が6割超えたぜ!

そんなわけで...
ふはは! 勝てる! ららぁ! 私でも敵に勝てるぞ!
とハイテンションで連戦した挙句..猛烈に飽きました
山札がマックスの255枚というふざけたデッキと戦ったんです
通常は60枚なので4倍ですね
山札の多いデッキは
バランスが崩れてて組みしやすい場合が多いのですが..
物凄い練られていてコンスタントに嫌な事された
凌ぎに凌いで..後半は毎ターン30枚ずつ山札を削る
という凄まじい荒業で勝ちました
255枚もあるくせに! 
更に捨て札を山札に戻してくるんですよ!

それはともかく...
こういう勝負をするから猛烈に飽きるんですよ
新しいデッキを作りました!
上にも書いた通り..直接戦闘を避けて..
相手の山札を削りきって勝つという..
変化球なデッキで遊んだので! 今回は正攻法です!
ということで! 次に作ったのは!
自分の山札を削って..最後に山札がなくなったら勝ち
というカードを出して決める!
以前のデッキは山札を削る前に...
相手の手札を増やすというリスキーな行動が必要でしたが
※手札の数だけ山札を削っていくので
今回は自分の山札を削るので安定感が高い!
と思ったら..勝率は3割後半くらい..まだまだ磨かないと
ん..自分のターンでカードを使うのでカウンターが行き届かない
いっその事..カウンターを捨てて..
カードを引くカードだけで固めようかと思案中です

それはさておき...
某ニュースで..
電車のホームで線路を飛び越えようとした阿呆が特集されていました
ん..酔っぱらっていたそうですけど
ホントに阿呆過ぎて..逆にテンション上がりますよね
残念ながら..飛び越えきれずに線路に落ちてましたけど
これが見事に成功していたら..マネする阿呆が続出してたかもですね

そんなこんなで...
ぶっちゃけ..危険な上に..駅員さんにも迷惑だし..
線路に落下して打ちどころが悪かったりすると
医療機関に迷惑を掛けるし..
電車が止まったりして他のお客さんにも迷惑..
迷惑のフォーカード! 言うなれば! 迷惑のジャッカー電撃隊ですよ!
色々と反省しないといけません!
とりあえず爪と指の間に..針を刺していこうか?

それはそれとして...
線路を飛び越す..決して許されない行為だとは思いますが
逆に..これを正当化する方法を考えてみました
ズゥンヴィやモンストルに追われて仕方なく
というのは..ありがちな上に..更に周囲に迷惑を掛けて..
迷惑のビックワン状態になるので..
もうちょっとリアルな方向で考えてみました

それはそうと...
大事なのは..モノローグなんですよ!
飛び越す前に..力なく設置された椅子に腰を落としながら..
「虎の穴からの刺客は..どんどん手強くなってくる
 このまま戦っていても..いずれは追い詰められてしまうだろう」
この辺りで協力者達に..怪しいマスクマンになって..
目の前を駆け抜けてもらい..今後の暗雲をイメージさせるのです
そして..頭を抱えながら
「どうすればいい! 俺には何が足りない!
 恐るべき虎の穴からの刺客達を倒すには!」
ここで顔を上げます
「そうだ! 必殺技だ! 強力な必殺技さえあれば!
 だが..必殺技なんて簡単に編み出せるわけが..」
そこではっとして! 目をキランと光らせる!
..できない? なんで? 目くらい光るでしょ!
それでも役者なの? まあいいや..じゃあLEDとか使いなさい!
「そうだ!」と叫んで..助走開始!
「たぁぁ!」と大声を上げながら! 
線路を飛び越し向こうのプラットフォームに華麗に着地!
更に! 「やぁぁ!」と奇声を上げながら!
後方宙返りで..元のフォームにくるくると戻る!
そしてドヤ顔で! 「これだ!」と決めれば!
もうね! なんか許される感がありますね!
っていうか! 紅子が許す!

そんなこともあって...
ああやって..全力でジャンプしてくるところに
すっと回り込んで膝蹴りカウンターしたいですよね!
紅子は意外とカウンターとか大好きなんですよ
相手の絶望する顔が見れるでしょう?
 

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記



Design&Material By MOMO'S FACTORY